Menu ▼



コンテンツ

相談されたら親身に聞いて相手が欲している答えを出す

人から相談されるということは、基本的にはその人から信頼を得ているということです。
当然、好意を持たれているでしょう。
その人をもっと取り込みたいと思っているなら、この機会を逃す手はありませんよ。


しかし、どういう内容の相談であれ、人から相談をされて的確なアドバイスや回答を与えるのは非常にむずかしい。
ではどうすれば良いのか。
それには、なぜ、人は人に相談するのかを考えれば、おのずと答えは出てきます。

だれかに相談するとき、人はたいてい自分でおよその結論を下しているものですが、それが妥当かどうか、不安があります。

そこで第三者に相談し、確証を得たいのです。

あるいは、自分の考えや結論を正当化したいのです。
そのために人は他者に相談するのです。

だから、相談されたときは、相手がいうことを親身になって聞いていればよいのです。

けっして、話している途中に口をはさんではいけないし、まして、「それは違うと思うよ」などと、相手の考えを否定するような意見を言ってはいけません。



こうして相手が言うことに、うなずき、肯定をくり返しますと、相手は進んで全部話しますので、どういうことに悩み、どうしたいと思っているのかは、手に取るように分かるはずです。

たとえば、夫婦仲に関する相談を受けたとき、もし、けっきょくは、夫と別れたがっていると分かったら、「別れたらいいじゃないかな」といってやればよいし、職業を変える相談にきたなら、「それなら、とにかくいまの会社は辞めたほうがいいでしょう」とアドバイスしてあげれば良いでしょう。

相手は、自分があらかじめ決めていた結論と同じ答えを出されたのだから、大いに満足し、相談に乗ってくれた人に感謝することになります。
相談されたのをきっかけに、相手を取り込むには、相手が望む答えを与えてやれば良いのです。





駆け引き上手な言葉の力
交渉ごとや口説きは押すだけではダメ、一度は引いてみる
有利に交渉を運ぶためには騒がしい場所を選ぼう
友だちに借金を申し込むなら、金額を多めに切り出せ
商談でいきなり切り込んできたら、冷静に仕切り直そう
親しくなついていけば、相手は裏切れなくなる
商談の希望額「中をとりましょう」と言われた時の言い返し方
最悪の条件を納得させるとっておきの説得方法
当たり前の話でも声を張り上げれば人は感動する
一方的に押しまくってくるタイプには沈黙で対応しよう
相談されたら親身に聞いて相手が欲している答えを出す
自分の意見を通すには、相手に耳を貸さず一方的にしゃべれ
小口の借金は「返してくれ」と催促されにくい
相手の弱みを握っているうちに商談を進めよう
「小さな貸し」の積み重ねで相手を調略しよう
ウソも誠心誠意にいえば迫真に迫って相手の心を打つ
大きな要求をいつの間にか呑ませてしまう知恵
嫌がられる役目を引き受けてもらうコツ
頼みごとの成功と天気は大いに関係している
少しでも貸しを作っておけば、相手は裏切れなくなる
ウソもみんながつけば、真実性が増してくる
ずうずうしいお願いでも聞いてくれる頼み方


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.