Menu ▼



コンテンツ

親しくなついていけば、相手は裏切れなくなる

人は誰でも、なついてくる人には弱いものです。

こういう事件が実際にありました。一人暮らしのおばあさんのところへ、ある日、遠縁の息子という男性が訪ねてきた。故郷の話しをあれこれするが、おばあさんにはどうもしっくりこない。
無理もない。

この男はオレオレ詐欺みたいなもので、おばあさんから金を巻き上げようとしてきたのですから。

この男、ときどき訪ねてきては、そのたびに金を借りて帰って行った。何回かそういうことがあった後、この男は詐欺で逮捕された。

以前にも同様の手口で詐欺を働いており、そこから足が着いたようです。

このおばあさんは、警察に事情聴取をされて、こういったと言います。

「ニセ者と分かっていたけど、あの子は親しそうに喋ってくれる。
私のところに寄りつきもしない本当の身内に比べるとありがたかったので、だまされたふりをして、お金を渡していた」



悪いヤツであろうと、ずるいヤツであろうと、人は、なついてくる人をいとおしいと思うものです。
だから、なついていって人をとりこむという方法もあります。


じっさい、中小企業のオーナー社長などには、なついてくる人に弱いタイプがいます。

なついてきて、ごまをすり、その挙げ句、会社の金をくすねたりするが、社長はそのことを知っている。知ってはいますが、なついてくるのでかわいい。
くすねるカネも、会社の屋台骨を揺るがすほどではないので見逃している、というものです。

ただし、飼い殺しにしておいて、いざというとき横領のことを持ち出し、自分の意のままにあやつろう、という魂胆がないともかぎらないので、いい気になってやりすぎないほうが身のためですよ。





駆け引き上手な言葉の力
交渉ごとや口説きは押すだけではダメ、一度は引いてみる
有利に交渉を運ぶためには騒がしい場所を選ぼう
友だちに借金を申し込むなら、金額を多めに切り出せ
商談でいきなり切り込んできたら、冷静に仕切り直そう
親しくなついていけば、相手は裏切れなくなる
商談の希望額「中をとりましょう」と言われた時の言い返し方
最悪の条件を納得させるとっておきの説得方法
当たり前の話でも声を張り上げれば人は感動する
一方的に押しまくってくるタイプには沈黙で対応しよう
相談されたら親身に聞いて相手が欲している答えを出す
自分の意見を通すには、相手に耳を貸さず一方的にしゃべれ
小口の借金は「返してくれ」と催促されにくい
相手の弱みを握っているうちに商談を進めよう
「小さな貸し」の積み重ねで相手を調略しよう
ウソも誠心誠意にいえば迫真に迫って相手の心を打つ
大きな要求をいつの間にか呑ませてしまう知恵
嫌がられる役目を引き受けてもらうコツ
頼みごとの成功と天気は大いに関係している
少しでも貸しを作っておけば、相手は裏切れなくなる
ウソもみんながつけば、真実性が増してくる
ずうずうしいお願いでも聞いてくれる頼み方


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.