Menu ▼



コンテンツ

嫌がられる役目を引き受けてもらうコツ

世の中には、誰もがあまり引き受けたがらない仕事があります。PTAの役員、自治会の役員、社員旅行の幹事などはその代表でしょう。

時間をとられて面倒ということもあるし、もし何かあったときに責任をとるのも大変です。そんなわけで、みんな「いえ、私はちょっと・・・」と腰が引けるのです。

そんなとき、「そうおっしゃらずに、引き受けてくださいよ」と強引に頼むと、逆効果になってしまいます。無理強いすればするほど、相手は頑なになって「親の介護があって」とか「その火は仕事の打ち合わせが入っていて」と、できない理由をあれこれ並べるものです。

むしろ、そんなときは無理に頼まず、相手に下駄をあずけてしまうのも手です。「じゃあ、後日連絡しますから、しばらく考えてみていただけますか」といって、引き下がるのです。

そんなことをすれば、ますます断る口実を考える時間を与えそうですが、じつはそうではないのです。そのほうが、色よい返事をもらえる確率は高まるのです。




というのは、人は考える時間をたっぷり与えられたほうが、OKの方向に思考が向かいやすくなるのです。これは記憶のメカニズムと関係していて、人は何かを記憶するとき、まずそれを好きか嫌いかに分類します。脳の中にインプットするには、そういう分類が必要なのです。

しかし、人間心理はコンピューターのように二進法ではありません。たいていの事柄には「好き」な部分と「嫌い」な部分の両面があります。たとえ、「無理です」といっていたPTAの役員でも、すこしは「やってみたい」という部分があるものです。

「先生と親しくなると、なにかと得かもしれない」「友人が増えるかもしれない」「誰かが引き受けないと、けっきょく困るのは子ども」といったものです。もちろん、「面倒だ」「時間がない」などという「嫌い」な部分もあります。

そこで決断までに時間を与えられると、脳のなかでそれらの要素がさらに分類・整理されていくうちに、「嫌い」な部分の印象はだんだんに薄らぎ、逆に「好き」な部分にたいする気持ちは強くなりやすいです。

つまり「しばらく考えてくれませんか」と時間を与えられると、その面倒な仕事にたいする「好き」の部分が大きなり、しだいに「引き受けてもいいかな」という気分になってくるのです。

だから、相手に少しでも「好き」という部分が見えるようなら、時間が許す限り相手に下駄を預け、考える時間を与えるといいのです。そうすると、相手の気持ちをOKの方向へコントロールできる確率が高まるのです。





駆け引き上手な言葉の力
交渉ごとや口説きは押すだけではダメ、一度は引いてみる
有利に交渉を運ぶためには騒がしい場所を選ぼう
友だちに借金を申し込むなら、金額を多めに切り出せ
商談でいきなり切り込んできたら、冷静に仕切り直そう
親しくなついていけば、相手は裏切れなくなる
商談の希望額「中をとりましょう」と言われた時の言い返し方
最悪の条件を納得させるとっておきの説得方法
当たり前の話でも声を張り上げれば人は感動する
一方的に押しまくってくるタイプには沈黙で対応しよう
相談されたら親身に聞いて相手が欲している答えを出す
自分の意見を通すには、相手に耳を貸さず一方的にしゃべれ
小口の借金は「返してくれ」と催促されにくい
相手の弱みを握っているうちに商談を進めよう
「小さな貸し」の積み重ねで相手を調略しよう
ウソも誠心誠意にいえば迫真に迫って相手の心を打つ
大きな要求をいつの間にか呑ませてしまう知恵
嫌がられる役目を引き受けてもらうコツ
頼みごとの成功と天気は大いに関係している
少しでも貸しを作っておけば、相手は裏切れなくなる
ウソもみんながつけば、真実性が増してくる
ずうずうしいお願いでも聞いてくれる頼み方


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.