Menu ▼



コンテンツ

商談の希望額「中をとりましょう」と言われた時の言い返し方

仕事のギャラを決めるときは、請け負い仕事の場合、発注元と受注先で、まず、仕事の料金を決めるのが常識でしょう。
その場合、微妙な駆け引きがなされることがあります。


たとえば、発注元のほうで、あらかじめ予算を決めているのに、受注先に対して、「この仕事、いくらくらいでやってくれますか」と、まず、相手の意向を聞くことがあります。

聞くからには、それに沿った金額で発注するのかと思ったら、とんでもない。
それは参考として情報を入手するだけで、「500万円は欲しいですね」と答えたら、500万円はとても無理ですね。300万円がぎりぎりといったところです」と、なんとか300万円でやらせようとします。

こういう場合、どうすればいいか。

あまりに金額がかけ離れている場合、受注する側は、少しでも希望の額に近づけようとします。



500万円が妥当で、正当な金額だと思っているならなおさらです。
発注元が、がんとして譲らない場合は別ですが、譲歩する姿勢がある場合、よくあるのが、中を取ってお互いに妥協する方法で、発注者の側が「中をとって400万円でいきましょう」と提案したりします。

こういう折衷案をだされたら、受注側はどう対応すればよいかというと、「そんなにすんなりと、中をとりましょうと誠意を示されたら、私は仕事をもらう側ですから、何もいえませんよ」と切り返し、後は黙っておればよいでしょう。

こういうフレーズで切り返しますと、折衷案をだしてくれたことに感謝はしますが、その金額に納得はしないし妥協もしない、という意志が確実に伝わるでしょう。

こういうふうに交渉すれば、もし、あなたの会社の実績や実力を先方が認めているなら、最終的には450万円か500万円で手を打つことになる確率は高いに違いありませんよ。






駆け引き上手な言葉の力
交渉ごとや口説きは押すだけではダメ、一度は引いてみる
有利に交渉を運ぶためには騒がしい場所を選ぼう
友だちに借金を申し込むなら、金額を多めに切り出せ
商談でいきなり切り込んできたら、冷静に仕切り直そう
親しくなついていけば、相手は裏切れなくなる
商談の希望額「中をとりましょう」と言われた時の言い返し方
最悪の条件を納得させるとっておきの説得方法
当たり前の話でも声を張り上げれば人は感動する
一方的に押しまくってくるタイプには沈黙で対応しよう
相談されたら親身に聞いて相手が欲している答えを出す
自分の意見を通すには、相手に耳を貸さず一方的にしゃべれ
小口の借金は「返してくれ」と催促されにくい
相手の弱みを握っているうちに商談を進めよう
「小さな貸し」の積み重ねで相手を調略しよう
ウソも誠心誠意にいえば迫真に迫って相手の心を打つ
大きな要求をいつの間にか呑ませてしまう知恵
嫌がられる役目を引き受けてもらうコツ
頼みごとの成功と天気は大いに関係している
少しでも貸しを作っておけば、相手は裏切れなくなる
ウソもみんながつけば、真実性が増してくる
ずうずうしいお願いでも聞いてくれる頼み方


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.