Menu ▼



コンテンツ

内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切


若い男性のなかには、給料が安いくせに、ブランド物の服や腕時計を身につけたがる人がいます。

そんな若者に対して、「外見をよくする前に、仕事を覚えろ」と苦々しく思っている人もいることでしょう。

ですが、外見をよくすることは、仕事上けっしてムダなことではありません。

外見のいい人間は、そうでない人間よりも、高い評価を受ける心理傾向があるからです。

この心理効果については、過去にさまざまな心理実験が行なわれてきました。たとえば、服装については、こんな実験があります。


電話ボックス内のよく見える位置に、わざと10セント硬貨を置き忘れておき、次の人が電話ボックスに入るのを待って、ボックスのドアを叩く。

そして、なかの人に、「10セント硬貨を置き忘れたのですが、なかったでしょうか」と聞く。このとき、きちんとした服装でたずねた場合は、77%の割合で10セント硬貨を返してもらえた。

ところが、みすぼらしい服装でたずねると、38%の割合でしか返してもらえなかった。

きちんとした服装をしているほうが、相手から信用されやすく、正直な対応をされやすいのです。外見のいい人間が、好印象を受けやすいのは、服装にかぎった話ではありません。身長についても、同様のことがいえそうです。

身長の高い人と低い人とでは、高い人のほうが人に好印象を与え、優秀な人間と見られやすいのです。

会社の人事課の人に、身長が182.5センチの人間と、162.5センチの人間の応募書類を見せ、どちらを採用するかを答えてもらった実験があります。

このとき、身長以外の二人の能力はほぼ同じだったにもかかわらず、大半の採用者が、182.5センチの人のほうを選んだのです。

また、ピッツバーグ大学の卒業生の初任給を調べたところ、身長が180センチから190センチの人は、180センチ以下の人よりも、平均で12.4%も給与が高かったといいます。

背の高い人は、女性にモテるだけでなく、仕事でもなにかと得ができるというわけです。





相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.