Menu ▼



コンテンツ

ミエミエの「おだて」でブタも木に登る


キャバクラなど風俗店の前を通ると、「社長、かわいい子がいますよ。寄っていきませんか」と、呼び込みが声をかけてきます。

呼び込みは、相手が若かろうと、およそ社長に見えないほどしょぼくれていようと、「社長」と呼びかけます。

はたで見ていると、「あんなミエミエのお世辞に、引っかかるヤツがいるのか」と思ったりもしますが、これはこれで結構効果的なのです。

誰しも「社長」と呼ばれて悪い気はしません。実際は係長止まりの人でも、「もしかしたらオレは社長に見えるのか」という気持ちさえしてきます。お世辞、セールストークだとわかっても、なんとなく自尊心を満たされるものなのです。

この自尊心の満足感がクセモノで、こういうとき、人の心は無防備になって相手のいいなりになりやすくなります。だから、「この店、ちょっと高いかも」と思っても、「社長」といわれるとつい入ってしまうのです。

店内に入ってからもそうです。

女のコから、「こんな話をするのは、○○さんだけよ。○○さんには、本音を聞いてほしくて」などといわれると、「もう一杯頼もう」「つぎからもこのコを指名しよう」と思ってしまいます。これもやはり、「○○さんだけ」と特別扱いされたことが、自尊心を満足させるからです。


これも冷静に考えれば、「どのお客にも同じことを言っているに決まっている」とわかるはずです。
ですが、優越感をくすぐられ、心が無防備になっていると、そのことに気づかなくなるのです。特に、「オレはモテる」と思っている人間ほど、こういう誘いに引っかかりやすいです。

もともと自信があるため、ちょっとプライドをくすぐられるだけで、「やはり、オレはモテるんだ」と、いいほうに解釈してしまうのです。

もちろん、これは水商売にかぎった話ではなく、DM(ダイレクトメール)に「あなたは一万人の中から選ばれました」「あなただけに特別割引サービスします」といったフレーズがあると、つい興味を持ってしまうのも同様の心理からです。

このときもやはり、「自分は運が強い」とか、「自分は能力がある」と思っている人ほど、引っかかりやすい傾向があるようです。

相手の心を無防備にさせ、こちらの思い通りにしたいときは、相手の自尊心を思う存分くすぐってやればいいのです。
「あなただから、こんなことを話せるんです」などと優越感をくすぐる言葉を使えば、相手はこちらの話に乗ってきやすくなるはずです。





相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.