Menu ▼



コンテンツ

自分勝手な比較感で判断が狂わされている


100円ショップは、いまや街のいたるところに見られるようになりましたね。店舗を見かけると、つい何か買ってしまうという人も多いようですが、つい不必要なものまで買ってしまったという人も少なくないでしょう。

なにしろ、文具店や雑貨屋で何百円かするものが、すべて100円。

そこで、つい「あら、安いわね」と不必要なものを買ったり、一つでいいところを何個も買ってしまうことになりがちです。
これは、まさしく人間心理をうまくついた商法といえ、人は何かと比較すると、とたんに判断が狂いやすくなるのです。

100円ショップで小物を見たとき、頭のなかには同じような商品の別の店での値段が浮かんでくる。
このとき、「普通は500円」といった値段が浮かぶと、それに比べれば100円は、はるかに安い。そこで、その商品が必要かどうかは関係なくなり、「安いから買おう」「得だから買っておこう」となってしまうのです。



このような、何かと比較させて判断力を狂わせる心理テクニックは、いろいろな場面で見かけます。

たとえば、洋服のバーゲンで、わざと前の値札をそのままつけておくのも、その一つです。前の値札の上に、新しく値引きした値段を表示する。「以前と比べて、こんなに安くなりました」とお客がわかるようにしておくわけです。
すると、お客はその洋服自体にどれくらいの価値があるかではなく、「こんなに安くなったから得」と判断を狂わせて買っていくのです。

あるいは、車の販売店が、付属品を一緒に売るのも、このテクニックの応用といえます。100万円も200万円もする車を買ったあとでは、数万円の付属品は安く見える。そこで、普段カー用品店へ行っても、絶対に買わない付属品を、つい買ってしまうのです。

また、対面販売でお客に何か買わせたいときは、最初にあえて高い商品を見せるといいのです。

その後、ほかの安い商品をすすめれば、「これはお買い得だ」となって、財布のヒモを緩めさせることができます。


商品陳列でも、本当に売りたい商品の周辺に、似たような商品をやや高めに値段設定して並べておくと、お客は勝手に錯覚して、「こっちは安いわね」となるのです。




相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.