Menu ▼



コンテンツ

強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある


母親が子どもをしつけるとき、「○○しないと、××になってしまいますよ」と脅すことがあります。

たとえば、「おへそを出して寝ると、カミナリ様におへそをとられますよ」「早く帰らないと、怖いおじさんにどこかに連れていかれてしまいますよ」といった言い方です。

こうした言い方は、いっけん効果がありそうに見え、実際、子どもは母親のそういう脅しを怖がり、その場ではお腹を隠したり、「明日から早く帰ってくる」といったりするでしょう。

しかし、その後、子どもがいいつけを守るかどうかは、いささか心もとない。というのは、つぎのような実験結果があるからだ。


ジャニスとフェッシュバッハの行なった実験で、まず高校生を対象に口腔(こうくう)衛生の講義をする。このとき、学生を3グループに分け、

★ Aグループには、歯を不衛生にしていた場合、どのような不都合が生じるかを、できるだけ不安をかきたてるように話す。

虫歯や歯槽膿漏になると、こんなに苦痛を生じる、場合によってはガンにさえなるといったことを、スライドや写真を用いて説明する。

★ Bグループにも、歯磨きをしなかったり、口のなかを不衛生にしていると、どんな病気になるかを話す。ただし、こちらのグループには、あまり恐ろしい話はしない。
手入れを怠ると、虫歯になったり歯ぐきがただれるといった程度の話をし、軽い症状の写真を見せる。

★ Cグループには、歯磨きなど口のなかの手入れを怠ると、虫歯になるとだけ説明する。


その後、3つのグループを調査すると、講義直後、歯に対する不安を感じる人はAグループが42%ともっとも多く、続いてBグループが26%、Cグループが24%たった。このデータだけを見ると、強く脅したほうが効果的に思えますが、その後の調査を見ると、結果はまるで違っていたようです。

実際に歯医者に行くなど、何らかの行動をとったかと聞くと、「とった」と答えたのは、軽く説明しただけのCグループが、36%ともっとも多かったのだ。その次がBグループの22%で、強く脅されたAグループではわずか8%にすぎなかった。

ようするに、人を恐怖で動かそうとするときは、あまりに強すぎる脅しは、その場では効果があるように見えても、実は逆効果になり、軽く脅しておく程度が、実際の行動には反映されやすいようです。

子どものお腹を冷やしたくないなら、「おへそを出して寝ると、お腹が痛くなりますよ」程度に言っておくほうがいいのかもしれません。




相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.