Menu ▼



コンテンツ

自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え

成績のよいセールスマンは、人間心理を熟知しているものです。

心理学を特に勉強していなくても、業務上の経験から、人はどうすれば買いたくなるかを経験的に学んでおり、それをセールスに生かしています。

そんなセールスマンが使うテクニックに、「前提条件を暗示する」という方法があります。


たとえば、鍋やフライパンなどの台所用品をセールスする場合、「何か必要なものはありませんか」とか「どのようなものが、ご入り用ですか」と聞いたのでは、「いまは間に合っています」と断られてしまうのがオチです。

そうではなく、「炒めものをよくしますか。それとも煮込み料理ですか」と、具体的な選択肢を提示して、質問するのです。

そう質問されると、聞かれたほうは、「どっちが多かったかしら」と考えることになり、そこで、「炒めものが多いわね」となれば、「それなら、このフライパンがいいですよ」とすすめるのです。

つまり、台所用品を買うか買わないかは、いっさい聞かないで、台所用品を買うことが既に前提条件になっているかのように話を進めていくのです。
前提条件をつくることで、お客に買わなければならないという錯覚を起こさせるのです。




こうした前提条件に惑わされやすい人間心理は、つぎの実験でも明らかにされています。

成城大学の堀川直義教授が行なった実験で、時計と他のものが一緒に写っている写真をベテラン刑事に見てもらい、何分かしてから、写真に写っていた時計の時刻を質問する。このとき、「何時でしたか」と聞くと、「5時」「10時」と正確な時刻を答える人が多い。

ところが、「時計が指していたのは、3時でしたか9時でしたか」と聞くと、実際には10時を指していたにもかかわらず、「3時」とか「9時」と答える人が増えるのです。

漠然と「何時でしたか」と聞けば正確に答える人でも、選択肢を前もって提示すると、それが間違いでもそのいっぽうを選んでしまったのです。

選択肢を提示されると、その時点で、人間の思考の幅は非常に狭くなり、正しいか間違っているかではなく、どちらかから選ばなければならないという方向に心理が働くためです。

そのため、大前提となる話を飛ばし、具体的な選択肢を提示すると、相手の気持ちを自分の望む方向に誘導することも可能になるのです。






相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.