Menu ▼



コンテンツ

色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる


おいしい料理を作るには、いろいろな気配りが必要です。

まずは、素材が肝心であり、どんな調味料を使うかも重要です。熱い冷たいといった温度管理も大切だし、香りも大きな要素になります。

そんな中で、忘れられがちなのが、料理の色です。
色は、味覚に関して、意外に大きな役割を果たしていて、見た目の色で、料理のうまいまずいが決まる場合は少なくないのです。


たとえば、こんな実験があります。


同じカップに、同じ豆でいれたコーヒーを注ぐ。それぞれのカップの横には、コーヒー缶を置いておくのですが、このラベルの色を被験者ごとに違うものにしておきます。

使用したのは赤、黄、緑で、被験者がその色のラベルのコーヒーを飲んだと思うようにした。そうした状態で、数十人の被験者に、三つのコーヒーを飲みくらべてもらった。

結果は、
★ 赤いラペルの缶の横にあったコーヒーが、味も香りも良いと判断する人がいちばん多かったそうです。

★ 黄色いラペルの缶の横のコーヒーは味が薄く、緑ラペルの缶の横のコーヒーは酸っぱいと感じた人が多かった。

同じコーヒーであるにもかかわらず、被験者は色によって味覚が左右されたのです。多くの人は、見た目でも味を感じているというわけです。

また、料理の世界では、器(うつわ)も熱い料理には暖色系のもの、冷たい料理には寒色系のものを使うといいといわれます。これもやはり、見た目の印象で、食べる人間の心理的な錯覚を引き起こそうというものです。

もちろん、器だけでなく、料理そのものの配色も人間心理に強く働きかけます。

味覚感応(みかくかんのう)テストの専門家によると、カレーライスをうまいと感じさせる盛りつけ方があるといいます。それは、ご飯の部分が三、カレーの部分が五の割合で見えるように盛りつける方法です。


この三対五の色の配分が、カレーライスの盛りつけの「黄金比率」になるようです。

この黄金比率は、カレーライスだけでなく、多くの料理に当てはまる比率で、ハヤシライスはもちろん、トンカツとキャベツの割合も、この比率を用いると、実物以上においしく感じる人が増えることがわかっています。




相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.