Menu ▼



コンテンツ

男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える

スペイン名物の闘牛では、闘牛士は赤いマントをヒラヒラさせて、牛と闘います。

赤いマントが使われる理由は、「牛は赤い色を見ると興奮するから」といわれますが、本当は、牛は色ではなく、マントのヒラヒラした動きに反応しているのです。

では、なぜ赤いマントを使うかですが、これは牛よりも、闘牛を見ている観客を興奮させるためといえます。
人間は赤い色を見ると、興奮したり緊張状態になって、血圧が上昇し、脈拍数が増える傾向かあるのです。


この人間心理をうまく利用しているのが、水商売です。


スナックやバーでは、店内の照明を赤っぽくしているところが多いでしょう。これは、店内を赤くすることで「興奮効果」を期待しているからなのです。赤い照明のもとで女性を見ると、男性客は普段以上に気分が高揚(こうよう)しやすくなります。

興奮すれば、その店の女性が一層魅力的に感じるというわけです。



さらに、店内を赤くすると、女性が美人に見えるという効果もあります。赤い照明のもとでは、物体の正しい容積や形が掴みにくくなり、十人並みの顔をした女性が、目鼻立ちの整った美人に見えたり、ずんどうの女性がグラマーに見えたりするのです。

さらに、赤い空間のなかでは、人間は時間を長く感じる傾向があります。まだ一時間しか経っていないのに、二時間もいたような気になるのです。

そこで、実際には一時間しかいなくても、十分楽しんだ気がして、「とりあえず、この店は出ようか」という気分になります。店としては回転率が上がって、好都合なのです。


そんなわけで、お客の心をとらえるなら、さまざまな点で判断力を狂わせる赤い照明が効果的です。

ただし、これらの「興奮効果」は、女性にはほとんど期待できないようです。赤に興奮するのは、血の色だからという説もありますが、その色を見て気分が高揚するのは、もっぱら男性だけのようです。





相手の判断を狂わすワルの知恵
ダラダラした交渉は「締め切り」の効果を利用しよう
強い脅しより弱い脅しほど、実際には効果がある
自分勝手な比較感で判断が狂わされている
自分の思うように相手を誘導するには「前提条件」を使え
「限定」という言葉の魔力で必要ないものまで買ってしまう
興奮した相手を落ち着かせるには、ゆっくりした話術
ミエミエの「おだて」でブタも木に登る
相手の決断を促すには、理由付けを与えよ
色にはいろんなパワーがあり、やる気まで引き出させる
男は赤色を見ると興奮効果になり、ブスでも美人に見える
色のトリックで料理の味を実際以上においしく見せる
色のトリックで重い荷物も軽く見える
内面の評価を上げるためには、外見を飾ることも大切


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.