Menu ▼



コンテンツ

人の話を気分よく聞いてあげたら相手は勝手に感謝する

幼稚な人間や世間を知らない人ほど、自分のことを話したがるだけで、他人の話に耳を傾けようとしないものです。

これでは子どもと同じです。

とくに最近は、他人の話には聞く耳を持たず、とにかく自分の話を聞いてもらいたいという人がふえているように思います。

そういう人間があふれている現代だからこそ、人の話にじっくりと耳を傾けることは、人たらしの重要なテクニックとなりえます。

話を聞いてもらっただけで、相手はいい気分になり、聞いてくれた人に対して好意を持つからです。

心に悩みやトラウマ(精神的外傷)などの問題を抱えて人たちの相談に応じる心理学のカウンセリングでは、カウンセラーは、とにかく、徹底してひたすら聞き役に回ります。

助言するのは最小限にとどめ、時間をかけて相手の話をとことん聞くのです。
話しているうちに、相手は自分の心が整理できてくるし、人に話を聞いてもらい理解されているという安心感からも心が癒され、元気が出てきます。

それだけで問題が解決し、悩みが解消してしまう場合もあるのですから、聞くことの力はあなどれません。

これはカウンセラーの特別な技術ではありません。

なにか悩みがあるとき、親友や親しい人に聞いてもらうだけで心がすっきりした経験がある人も、実際には多いでしょう。
打ち明けることによって、問題解決の糸口がつかめ、心がふっきれることもあります。


相手の話にじっくり耳を傾けるということは、相手に自信やチカラを与えることになるのです。
ただ、「うん、うん」話を聞いているだけなのに、相手にとって、あなたの存在は特別なものになるのです。







人は褒め言葉で好意を寄せる
人を褒めることで調略できる
実体のない褒め言葉でも実体以上の力を持つ
相手を褒めれば必ず好意を持たれる
犬だって褒めれば嬉しいから尻尾を振ってくる
「さすが」「すごい」の連発は、相手の虚栄心を満足させる
褒められ慣れている人は、けなして褒めよう
褒めるところがない人は内面を褒めて陥落させよう
相手の欠点を長所だと褒めれば心が奪える
満面の笑顔は人を取り込む最高の武器
会ったときより別れ際のあいさつのほうが強く印象に残る
他人から好意を持ってもらう基本は褒めることがすべて
「褒める」のも「叱る」のも心に響くタイミングが大切
褒め方の苦手な初級者は抽象的なことから褒めてみよう
相手の自尊心をくすぐるところをズバリ褒めてあげよう
褒められ慣れている人には激アツの褒め方をしよう
他人と比較したような褒めかたは下の下
相手の性格や人間性は褒めたときのリアクションで分かる
初対面で相手の名前を呼べば、たちまち親近感が生まれる
「でも」「しかし」を言いたくなったら「なるほど」と言おう
人の話を気分よく聞いてあげたら相手は勝手に感謝する
相手の欲するところを褒めれば、相手の心は落ちる
人の嫌がる仕事や面倒なことをやらせる必殺のセリフとは
できないダメ男を有能な部下にするピグマリオン効果とは


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.