Menu ▼



コンテンツ

人の嫌がる仕事や面倒なことをやらせる必殺のセリフとは

「子どもは、ほめて育てよ」といわれるが、これは心理実験でも確認されています。
アメリカのハーロックは、小学五年生を対象につぎのような実験を行なった。

生徒を三グループに分けて、足し算の計算問題を解かせ、グループによってその後の対応を変えたのです。
Aのグループは、成績の良し悪しに関わらず、とにかくほめる。
Bのグループは、成績の良し悪しに関わらず叱りつける。
Cのグループは、どんな成績であれ、ほめも怒りもしない。

この実験を5日間続けて行なったところ、Aのほめられるグループは5日間連続して、成績が上がっていき、Bの叱られるグループは、最初の3日間は成績が上がったものの、それ以降は伸びず、Cの無視されるグループは、ほとんど成績に変化がなかったそうです。

つまり、無視されるよりは、叱られたほうが、成績は上がりますが、すぐに伸び方が止まってしまうため、生徒をがんばらせたいなら、ほめるのがベストということです。

この「ほめられれば、がんばる」というのは、「成績を上げる」といった、一般に好ましいと思われる行動にだけ影響するものではなく、世間的に好ましくないと思われる行動についても、見られる現象です。
それを証明したのが、ギーンとストナーによる実験である。




まず、二人の被験者のうち、一人を生徒役、もう一人を教師役にします。教師役は生徒役に課題を与え、正解すればつぎの課題を与え、間違えば電気ショックを与えるのです。この電気ショックは、1から10まで段階を調節でき、教師役の人は、強さを自分の好きに選んでいいというものです。

最初のうち、教師役の人はたいてい生徒役の人に気を使い、弱い電気ショックを与えていましたが、ギーンらが強い電気ショックを与えたときに教師役の人をほめると、だんだん様子が変わってきて、生徒役の人に対し、強い電気ショックを与えるようになっていったのです。

強制されてもいないのに、他人に強い電気ショックを与えるのは、普通なら抵抗があるものですが、誰かからほめられると、それが次第に平気になってくるのです。ほめる行為には、本人がやりたくないと思っていたことすら、進んでやらせる効果があるのである。

この心理効果を使えば、みんなが嫌がる仕事、つまらない仕事を一生懸命やらせることも可能になる。最初はイヤイヤしていても、「うまくやってるね」「その調子で頼むよ」などとほめられているうち、人は期待に応えようと熱心にするようになっていくのです。






人は褒め言葉で好意を寄せる
人を褒めることで調略できる
実体のない褒め言葉でも実体以上の力を持つ
相手を褒めれば必ず好意を持たれる
犬だって褒めれば嬉しいから尻尾を振ってくる
「さすが」「すごい」の連発は、相手の虚栄心を満足させる
褒められ慣れている人は、けなして褒めよう
褒めるところがない人は内面を褒めて陥落させよう
相手の欠点を長所だと褒めれば心が奪える
満面の笑顔は人を取り込む最高の武器
会ったときより別れ際のあいさつのほうが強く印象に残る
他人から好意を持ってもらう基本は褒めることがすべて
「褒める」のも「叱る」のも心に響くタイミングが大切
褒め方の苦手な初級者は抽象的なことから褒めてみよう
相手の自尊心をくすぐるところをズバリ褒めてあげよう
褒められ慣れている人には激アツの褒め方をしよう
他人と比較したような褒めかたは下の下
相手の性格や人間性は褒めたときのリアクションで分かる
初対面で相手の名前を呼べば、たちまち親近感が生まれる
「でも」「しかし」を言いたくなったら「なるほど」と言おう
人の話を気分よく聞いてあげたら相手は勝手に感謝する
相手の欲するところを褒めれば、相手の心は落ちる
人の嫌がる仕事や面倒なことをやらせる必殺のセリフとは
できないダメ男を有能な部下にするピグマリオン効果とは


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.