Menu ▼



コンテンツ

初対面で相手の名前を呼べば、たちまち親近感が生まれる


何回も会っているのに、相手を名前で呼ぶことをしない人がいます。

プライドが高いのでしょう。


医者や大学教授などにときどき見られますね。

逆に、初対面でも、さりげなく、相手を名前で呼ぶ人がいます。
こういう人は好感をもたれるものです。


初対面で名刺を交換して着席したあと、相手の名刺をテーブルの上に置き、その名刺を見て顔を上げ、「東さんというと、西のほうのご出身ですか」なんて聞くと、相手も気を良くして、「そうです。九州の出身です。西ですけれど、ひがしです。」と、なごやかにおうじることになります。

「東さん」と、名前で呼ぶことで、初対面との距離を早く縮めることができるのです。
よばれたほうも、「自分の存在が認められた」という心理が働くので、相手は好意を持ち親近感が湧きます。

初対面のときだけでなく、つねに人を名前で呼ぶようにしますと、それだけで相手から好感を持たれるものです。

「きみ」などとよばれるより、名前で呼ばれたほうが、はるかに親近感が持てます。

最近は身内の者に対しても、「おたく」なんてよぶ人がいますが、最悪です。

もしあなたが、たとえば、会社で部下の人を「きみ」という代名詞でよんでいるとしたら、これからは名前で呼ぶようにしましょう。

そうするだけで、部下が以前よりも好意を持ってくれるようになるでしょう。






人は褒め言葉で好意を寄せる
人を褒めることで調略できる
実体のない褒め言葉でも実体以上の力を持つ
相手を褒めれば必ず好意を持たれる
犬だって褒めれば嬉しいから尻尾を振ってくる
「さすが」「すごい」の連発は、相手の虚栄心を満足させる
褒められ慣れている人は、けなして褒めよう
褒めるところがない人は内面を褒めて陥落させよう
相手の欠点を長所だと褒めれば心が奪える
満面の笑顔は人を取り込む最高の武器
会ったときより別れ際のあいさつのほうが強く印象に残る
他人から好意を持ってもらう基本は褒めることがすべて
「褒める」のも「叱る」のも心に響くタイミングが大切
褒め方の苦手な初級者は抽象的なことから褒めてみよう
相手の自尊心をくすぐるところをズバリ褒めてあげよう
褒められ慣れている人には激アツの褒め方をしよう
他人と比較したような褒めかたは下の下
相手の性格や人間性は褒めたときのリアクションで分かる
初対面で相手の名前を呼べば、たちまち親近感が生まれる
「でも」「しかし」を言いたくなったら「なるほど」と言おう
人の話を気分よく聞いてあげたら相手は勝手に感謝する
相手の欲するところを褒めれば、相手の心は落ちる
人の嫌がる仕事や面倒なことをやらせる必殺のセリフとは
できないダメ男を有能な部下にするピグマリオン効果とは

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.