Menu ▼



コンテンツ

謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!


大物は、適度にナルシストであるべきです。

どんなことがあっても、心の中では「でもオレが一番だ」と思うべきです。


というのも、神経質な人は自己嫌悪感が強い、という傾向があります。神経質な人ほど自分を卑下して、なかなか前に進めません。だからこそ細かいことに神経質になり、他人から小物に見られてしまうのです。

ロンドン大学で行われたある心理学の実験では、神経質な人ほど、自分の知能を低く見積もるという傾向が出たそうです。

もちろん、自分の能力を低く見積もるということは、それだけ自己嫌悪感や自己ヒゲの傾向が強い、ということです。そして自分の能力を低く見積もっていたのでは、いつまでも小物です。失敗やリスクを極度におそれ、何ごとにおいても保守的になります。

適度なナルシストになって、ほんのちょっと自信過剰であるくらいでないと、大きな成果を挙げることなどできないのです。

もっとも、あからさまなナルシストは見ていて気持ちいいものではないし、それはそれで「井の中の蛙」に思われてしまいます。めざすべきは、あくまでも「適度なナルシスト」です。

そこで参考にしたいのが、ハリウッドの授賞式です。

アカデミー賞などの授賞式を見ていると、賞を獲った俳優たちは必ず最初に長々と謝辞を述べます。


「まずは監督の○○と、プロデューサーの△△、そして素晴らしいスタッフと共演者たちに感謝を述べたい。あなたたちの支えがなければ、この賞はもらえなかった。そしていつも僕を支えてくれる最愛の妻と息子、また深い愛情を授けてくれね両親に最高の感謝を。ありがとう、愛してる。」

といった具合です。しかし、その顔を見ると腹の底では「オレ様の実力でこの賞を獲ったんだ!」と思っていることがありありと伝わってきます。自信に満ちた笑顔を浮かべています。

つまり、口では謙遜しながらも、心の中には絶対的な「オレ様」が君臨しているのが、適度なナルシストです。

はっきり言って、心のどこかに「自分が一番だ」という思いがなければ、いい仕事なんてできません。

大きな仕事を受けるときも「自分が一番だ」と思っているからこそ、自信を持って「任せてください!」と答えることができます。

そして上司に褒められても、口では「いやいや僕なんかまだまだですよ」と謙遜しつつ、心の中で「でもオレ様が一番だけどね」と思うのです。





おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.