Menu ▼



コンテンツ

大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!

上司やクライアントから難しそうな仕事を頼まれたとき、あなたはなにを考え、どう答えるでしょうか。

まず、未来のことなんて誰にもわかりません。1年後のことはもちろん、3ヵ月後、いや明日のことだって確約できることなどなにもありません。

「一寸先は闇」という言葉のとおり、どんなアクシデントがあるかわからず、極めて不確実なのが未来というものです。ましてや難しそうな仕事を頼まれたとなれば、それができるという保証など、どこにもないはずである。

そこで多くの人は、「なるべくできるように善処しますが、ちょっと難しいかもしれません・・・」といった感じで、あいまいな言葉で逃げを打とうとします。いかにも弱々しい、小物っぽい答えです。

大物は違います。

未来のことは誰にもわからないのだから、この段階で「できる」と言うのも「できない」と言うのも、厳密にはウソです。

だったら、いっそのことハッタリをかまして「できます!」と言い切るのです。

どっちにしてもウソをつくことになるのだから、わざわざ弱々しいウソなど選ばないことです。自分を強く見せるウソ、相手が気持ちよくなるウソを選ぶのです。それが大物の思考法なのです。

下手に好かれようとしたり、お互いが傷つかずにすむ妥協点を見出そうとすると、ウソが出なくなることがあります。ウソをつくときには、相手をやっつけるくらいの気持ちで臨むべきです。

クライアントとの商談でも、将来的な見通しなど不確実な部分については、堂々とウソをついていい。ハッタリをかましたっていい。

産地偽装のような明らかなウソはルール違反ですが、将来的な見通しであれば、とりあえず「できます!」「うちに任せてください!」とハッタリをかますくらいがちょうどいいのです。

キツそうな納期を提示されてもいいのです。
「やります!」と激よく言ってしまえばいい。

交渉の場面では、誠実さや従順さをアピールして交渉を有利に運んでいく、というテクニックもあります。しかし、それではいつまでも大物にはなれません。

この先ずっと小物と思われてもかまわないのであれば、極力ウソをつかず、ハッタリなど口にしないことです。そして、大物として扱われたいのであれば、ハッタリをかまして景気のいいウソをつきまくることです。







大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.