Menu ▼



コンテンツ

エリート意識は、人を見下し自分を守ることに命を張る


テレビのサスペンスによく見られるケースで、犯人はエリートといわれる医者や弁護で殺人を犯すが、追い詰められると「あんなくだらない奴、生きている価値なんかない。
わたしには将来がある。

あんな奴に将来を崩されたくなかったから殺したのだ」と勝手な理屈を言っています。


ところが、これはドラマや小説の世界だけのできごとではありません。 エリートは、エリートゆえに殺人を犯す動機がある場合があります。

エリートでも、祖父母、両親ともにエリートの名門出身で、なるべくしてなったエリートの場合は、こういうケースは少ないと思われます。

問題は、苦労をして成り上がったエリートの場合であります。
成り上がるためには、臥薪嘗胆、いろいろなことに耐えてきたはずです。
その苦労を支えたのは、「いまに見ていろ」という反発心と権力、金銭、名誉欲です。

苦労が実ってしかるべき一流大学に入学し、医師や弁護士へとすすみ、地位と名誉を得られたら、そのときはゆがんだ人間性が出来上がっていることでしょう。


このタイプのなかには、自分が成功し、成り上がるためには手段を選ばない人がいます。
勝てば官軍という発想しかありません。

だから、いったん地位や名誉を得たら、自分より地位が下の人を徹底的に見下します。
こういう人は、もし、自分の地位や名誉が危うくなったとき、どういう手段を使っても守ろうとします。
その果ては、殺人まで犯しかねないのです。

人のプライド、とくに苦労を積み重ねてきた超エリートのそれは、それほどまでに強く、手放したくないものであることを知っておくべきでしょう。





おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.