Menu ▼



コンテンツ

不幸自慢は優越感に浸りたいだけ


不幸自慢というのがあります。


生い立ちの不幸、育ちの不幸、病気の不幸や不運を語る人は、はた目には自分を卑下しているように見えて、じつは優越感を持っているものです。

「どうだ、オレはこんなに苦労をした経験があるんだぞ」と表明されたら、相手は何も返すべき言葉がありません。

こういう人はたいてい、「辛い思いをして、耐えた経験があるから、もう一度辛い状況になっても耐えられる」と大見栄をきりますが、それは大ウソ。
カッコいいけれど、ひとりよがりのヒロイズムかマスターベーションにすぎません。

たいした苦労もしていないのに、大げさに言っているだけで、自分より苦労をしていない人にたいして優位に立とうとしているにすぎないことが多いです。

といいますのは、ほんとうに臥薪嘗胆(がしんしょうたん)した経験がある人は、二度とそういう苦労、難儀はしたくないから、努力を続け、おびえながら小心に、かつ油断なく世間を生きていくのが実際の姿であるからです。





おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.