Menu ▼



コンテンツ

「プライドを捨てたら何でもできる」は人間を否定した考え方


「キミはまだ、自分のプライドにこだわっている。恥を捨てないとダメだよ。恥を捨てれば土下座でも何でもできる。


そうすれば、もっと販売成績が上がるはずだ」と営業会議で、課長が部下を叱咤激励します。

こういった光景は、高度成長期にはどこの会社でもふつうに見られたことです。

なるほど、セールスマンにとって、土下座するのもひとつのセールステクニックではあるでしょう。

ところが、恥は、ほんとうに捨てられるものでしょうか。

「恥をしのんで」という枕ことばがあるように、恥の意識を捨て去るのはむずかしい。

恥をかきたくない、恥をかかされたくないから誰もが無理を重ね、頑張っているのではないか。

けっきょく、恥を捨てることができるのは、もともと恥の感覚が極端に薄い人か、莫大な借金を背負うなどしてそうせざるを得ない状況に追い込まれたケースなど、とことん追い込まれたり、落ちるところまで落ちた場合だけです。

しかし、それでも恥を捨てることができずに苦しむほうが、一般的な心のありようです。







おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.