Menu ▼



コンテンツ

聞き手が相手の目を凝視するときの心理は

聞き手の側にあるとき、あなたは話しをしている相手の目を見るでしょうか。それとも見ないのでしょうか。

日本人は一般的に、時々見ては、時々視線を外すようです。
話している側もそうして、お互いにその呼吸をはかっているものです。

たいていの人が無意識にそうしているはずです。
そういう行動様式が身に付いているものです。

そして、目と目でものを言っている。「アイコンタクト」です。
相手の話しにたいして、自分の意志や意見を強く出すときは、瞬間的に相手の目を凝視します。
同意するときも否定するときも、それをきちんと相手に伝える必要を感じ、それを目で表現できる人はそうします。

穏やかな気持ちで同意するときは、「ふむ、ふむ」などとうなずきながら、相手の目をしばらく見続けるでしょう。

いっぽう、相手の話に関心や興味がない場合には、相手がいくら、「この儲け話、いいだろう。きみも一口乗ったら」と、しつこくすすめても、乗り気でないなら、視線を斜めに向けて、相手の目を見ないようにするでしょう。
こうして、相手にたいして、その話に興味や関心がないことを暗に伝えようとするものです。



人が相手の目を凝視するときは、意識的、無意識的に、いろいろなメッセージがこめられています。

会話のフィードバックを求めるときや目で連絡を取りたいときは、意識して相手の目を見ます。
また、相手に行為や敵対意識をもったときは、無意識に相手の目を見ます。
後者の場合、無意識に見つめてしまいます。

心理学では一般的には、男性よりも女性のほうが、向き合って話をするとき、相手の目を見る傾向があると言われています。
このことを知っていないと、男性は女性の気持ちを錯覚し、赤っ恥をかくことになりかねません。

敵対意識の発露のこともあるからです。

また、女性は、相手に好意をもっている場合、相手の話を聞いているときより、自分が話しているときに相手の目をみつめる傾向があります。





相手の仕草には必ず裏がある
初対面からボディタッチをしてくる人は要注意
「忙しい」が口癖の人は、スタンドプレーの名手
中高年でカツラをしたり髪を染めたりする人の心境は
「なるほど」「そうですね」の連発は無関心か薄情な人
相手の褒め言葉には、いろいろな魂胆が潜んでいる
相手の目をじっと見つめてしゃべる人は、何か魂胆がある
相手の目を凝視して話す人は、しつこくて常識がない
聞き手が相手の目を凝視するときの心理は
相手の目をじっと見つめて謝罪する人の本心は
上目づかいでにらみつける人には心を許すな


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.