Menu ▼



コンテンツ

相手の目をじっと見つめてしゃべる人は、何か魂胆がある

人と向き合って話しをするとき、まったく相手の目を見ない人は人間的に信用できない面があります。しかし、過剰に見つめる場合も魂胆がある場合が多いです。

一般に、西洋人は人の目をじっと見続けて話しをします。
平気で見つめることができますが、日本人はそれが苦手です。
だから、お互いに目を合わせることもあるし、相手の目から視線を外すこともあります。

日本人特有のお互いの呼吸の取り方と言っても良いでしょう。

ところが、日本人の中にも、相手の目をじっと見つめてそらさない人がいます。
これをやられますと、日本人は非常に気詰まりで息苦しく感じてくるものです。
日本人、それも大人が相手の目をじっと見つめて話しをする場合、魂胆があることが多いです。

恋人商法の詐欺はその典型です。ギャルがインターネットで交際相手をつのると、「もてないくん」が殺到します。



デートと称して、宝石や毛皮の販売会場へと相手の男性を連れ込み、最低でも何十万単位の高額な商品を買わせようと、相手の目を見つめ、「これを買ったあなたがリッチに見えるから、私、うれしいのよ」と迫ります。

男性が渋ると、さらには、「ねぇ、私の目がウソをついているように見える?」といって追い打ちをかけてきます。

この表現はウソつきの常套句。ウソをついている目に違いないことは分かる人には分かりますが、逆手にとってやり方ですから相手によってはそれなりに通用します。

相手の目を見つめて口説くのも、女たらしのジゴロやホストの初歩的なテクニックです。
「見つめられて、ぐっときちゃって、そのままホテルへいっちゃった」と、アホなギャルは能天気に話していますが、男のほうは「ちょろいよね」と昨夜の獲物を思い出してほくそ笑んでいるだけです。





相手の仕草には必ず裏がある
初対面からボディタッチをしてくる人は要注意
「忙しい」が口癖の人は、スタンドプレーの名手
中高年でカツラをしたり髪を染めたりする人の心境は
「なるほど」「そうですね」の連発は無関心か薄情な人
相手の褒め言葉には、いろいろな魂胆が潜んでいる
相手の目をじっと見つめてしゃべる人は、何か魂胆がある
相手の目を凝視して話す人は、しつこくて常識がない
聞き手が相手の目を凝視するときの心理は
相手の目をじっと見つめて謝罪する人の本心は
上目づかいでにらみつける人には心を許すな


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.