Menu ▼



コンテンツ

ボディゾーンに飛び込んで、相手の心に入り込もう


人は、遠い距離にいる人よりも、近い距離にいる人に対して、親しみを抱きやすいという原則があります。


たとえば、書店でほんのありかを店員に聞くとき、カウンター内にいる店員とフロアにいる店員とでは、どちらに声をかけやすいでしょうか。どちらもそれほど忙しそうでない場合、たいていの人はフロアの店員に声をかけるはずです。

これはカウンター内にいる人より、フロアにいる人のほうが、近づいて話しやすいためです。

本を探すような場合でも、より近い距離で話せるフロアの店員のほうが頼みやすいというわけです。この現実的な距離と心理的距離の関係は、頼む側だけでなく、頼まれる側の心理にも影響を与えます。

このことは、つぎの実験によっても確かめられています。


1メートルほど離れて頼んだ場合と、40センチで頼んだ場合で、返答にどのように違いが出るかを調べたのです。
ケースは4通りあり、
@ 1メートル程度で熱心に頼む場合
A 1メートル程度でふつうに頼む場合
B 40センチ程度で熱心に頼む場合
C 40センチ程度でふつうに頼む場合


この4つの方法で知らない人に頼みごとをすると、結果は40センチ程度で熱心に頼んだときがもっともOKを得られる確率が高かったようです。逆に熱心に頼んでも距離が遠い場合は、あまりOKが得られなかったという結果が出たようです。

これは人間が持っているボディゾーンと関係があると考えられています。人はそれぞれボディゾーンを持っていて、それは一般に120cm以内です。さほど親しくない相手と話す場合、このゾーンよりなかには入らないのがふつうです。逆に、親しい関係では、ボディゾーンのなかに入って話す場合が多くなります。

いっぽう、親しくない人がボディゾーンを越えて近づいてくると、ふつうはボディゾーンが侵されたことで警戒心を抱きます。ただし、このとき、相手が友好的な態度で接してくると、それは親近感へと変わりやすくなります。そのため、初対面の人に頼まれた場合でも、近くの距離から熱心に頼まれると、OKしやすくなるのです。

駅前でティッシュ配りをするときも、相手のすぐ近くまで寄って、笑顔で「お願いします」と言ったほうが、受け取ってもらいやすいのです。これも、こうした心理によるものです。

頼みごとをするときは、ちょうどよいと思う距離から、さらに一歩ぶんくらい近づきます。それが、頼みごとをOKさせるには効果的なのです。




人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.