Menu ▼



コンテンツ

第一印象のアピールは「最初の一言」と初対面の「演出」で決まる


★ 第一印象は「最初の一言」で決まる


何ごとも最初が肝心です。人に好印象を抱かせるため、とくに肝心なのは、最初の一言なのです。会話の最初の言葉によって、相手は行為を抱いたり反感を持ったりします。

最初の一言は、まったく予備知識のないところに入ってくる情報と言えます。その情報から、人はできるだけ多くのことを読み取ろうとするのです。
さらに、その情報は、一種の先入観となって残るのです。

たとえば、最初に「私は借金に終われる情けない男でして・・・」といったのでは、相手は親しくなりたいとは思ってくれないでしょう。

自分では冗談のつもりでも、何の下地もないところに、「金がない」というメッセージが入ってきたのだから、相手は貧乏で情けない男と思うだけのことです。

人に好意をもたれたかったら、最初の一言はとにかく気を配ることです。
ニコニコ微笑み、「お会いできて光栄です」くらいのお世辞は、すんなり言えるようにしたいものです。


★ 初対面の演出で自分のイメージを植えつけよう

初対面のときの第一印象はのちのちまで大きな影響を与えるものです。
はじめて会ったとき、たまたま徹夜明けで垢じみた格好をしていたら、「あいつは、だらしのない男」という印象を植え付けることになります。



一度、「だらしない男」と思い込まれると、その後、会うたびに「だらしがない」という目で見られることになります。
たとえ、きちんとした格好をしていても、「今日はたまたま、まともな格好をしている」と思われ、「まともな格好をしていても、どこかだらしがない」という目で、あら探しをされることになりかねません。

このように、人は、最初に受け取った情報にのちのちまで影響される傾向があります。
これを心理学では「初頭効果」と呼んでいますが、逆にいうと、第一印象をうまく演出できれば、相手の抱くイメージを都合よく誘導することもできるでしょう。


たとえば、時間にルーズでしょっちゅう遅れる人でも、初対面のときだけは、かならず約束の30分前に行くようにします。
こうして、「時間に厳しい人」という第一印象を与えておけば、その後、約束の時間に遅れても、「のっぴきならない事情があったのだろう」と、相手は勝手に判断してくれます。

初対面の人に会うときには、「どう見られると好意的に思われるか」をまず考え、そういう自分を演出することです。
そうすることで、相手にポジティブな第一印象を与えることができるのです。





人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.