Menu ▼



コンテンツ

自分をできる人に見せる「パーナム効果」とは?

小学校や中学校で教わった先生のことを、いまでもなつかしく思う人は少なくないでしょう。とくにひいきにされた記憶がなくても、なぜか子どもの頃に教わった先生には親しみを感じる続けるものです。

それは、その先生の人柄や熱意のせいでもありますが、心理学でいう「パーナム効果」が働いているとも考えられます。

たとえば、「きみは親切だね」「あなたは、いつもお転婆だけど、奥ゆかしいところもあるわ」などと先生に褒めてもらうと、生徒はそのことをよく覚えているものです。すると、子ども心に「自分のことをよく知っていてくれている、いい先生」と思い込むものです。それが、長年にわたる好感情に繋がっていくのです。

たしかに先生は教育者だから、実際に子どもの性格や素質を見抜いていたのかもしれない。ですが、案外、当てずっぽう言っていないとも限らないでしょう。そんな当てずっぽうでも、子どもは「当たっている」と思ってしまうのです。

人は、自分について漠然としたことを言われたときほど、それを当たっていると思う傾向があります。そして、言い当てた人を、洞察力の優れた人と思ってしまうのです。

これが「パーナム効果」と呼ばれるものです。

このパーナム効果のミソは、漠然とした表現をするところにあります。



漠然とした表現だからこそ、そのカバーする範囲は広がります。そのなかで少しでもかすっている部分があると、人は言葉全体が当たっていると感じるのです。

たとえば「君は感性が優れている」といえば、相手は「うん、じつはそうなのだ」となります。「感性が優れている」といっても、具体的には何がどうなのかよく分かりません。

しかし、いわれた本人は勝手に解釈します。「自分のなかの詩心を見抜かれた」などと、思ってしまうわけです。そして「底まで見抜くとは、すごい人」となるのです。

逆に、具他的な言葉を使うと、ウソがすぐにバレてしまいます。音痴な人に、「きみには音楽的才能がある」といっても、的はずれなことをいういいかげんな人と思われるだけです。

このパーナム効果をたくみに利用して商売をしているのが、占い師たちなのです。占い師の言葉には、とにかく漠然としたものが多い。
「人に言えない悩みを抱えていますね」といわれると、たしかに悩みがあるなと思ってしまいます。そのペースにしだいに巻き込まれて、やがて、よく当たる占い師だと信じ込んでしまうのです。


もちろん、占い師だけでなく、ふつうの人でも、このパーナム効果を利用できますので、いろいろと試してみましょう。





まわりを手なずける自己演出術
自分をできる人に見せる「パーナム効果」とは?
好感度をアップさせるための言葉を少し変えるだけのトリック
「熟知性の原則」で相手をたちまち手なずけるコツ
第一印象のアピールは「最初の一言」と初対面の「演出」で決まる
相手の身内を気にかけ、好感を引き出そう
周囲から人気を得るための自己演出術
頼みごとで相手に優越感を与えると、好感がもたれる
ボディゾーンに飛び込んで、相手の心に入り込もう
握手はするだけで、「また会いたい」という気持ちにさせる
暗い場所では、異性への心のガードがゆるくなる
人は、自分に似ている人間に気を許しやすい
仕草を真似したり、小さな共通点を見つけることで好感度がアップ


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.