Menu ▼



コンテンツ

「そんな話は聞いていない」と後になって言わせない方法

「釣った魚にエサはやらない」といわれますが、たしかに結婚前と結婚後で態度が変わる男性がいるものです。

結婚前は、毎週のように高級レストランに連れて行ってくれた。

また、服装や髪型をよくほめてくれたのに、結婚したとたん、そうしたサービスはいっさいなくなる。

平日は残業ばかりで帰りが遅く、土日は家でゴロゴロ。

髪型を変えても、いっこうに気づいてくれない。

そんな夫の態度を見て、「私のことを家政婦だと思っているのネ」と憤り、はては実家に帰ったり、離婚を切り出したりする妻もいます。

すると今度は、夫が驚くことになるわけですが、これは、はっきりいって、女性心理を理解していない男性側の作戦ミスです。

男性とすれば、「結婚したら、いままでのような恋人気分ではいられない」「家庭を守るためには、もっと働く必要がある」など、言い分があるのでしょう。

ですが、女性は、結婚する前に、そんな話を聞かされていません。それなのに、夫の態度がガラッと変わることに、不信感を抱いたのです。

たとえば、結婚前に次のように話しておけば、事態は変わっていたでしょう。

「オレの父親はモーレツ社員だったから、オレも結婚したらそうなるだろうな」
「結婚したら、ウチの会社は人使いが荒くなるんだ」
などと話しておく。



結婚後に予想されるマイナス情報をあらかじめ伝えておけば、女性のほうにも覚悟ができ、結婚後、夫の態度が変化しても、理解しようとするでしょう。

あらかじめマイナス情報を与えておくと、相手も気持ちの準備ができ、いざマイナス場面に直面したときに受け入れやすくなります。

これを、インフルエンザなどの予防接種にたとえて、心理学では「接種理論」と呼ばれているようです。

もちろん、これは男女のあいだだけの話ではありません。


たとえば、商談のさい、プラス情報ばかり伝えて話を進めると、いざマイナス情報が知られたとき、相手は「そんな話は聞いていない」と血相を変えることになります。その商談全体や商談相手への不信感につながり、「この話はなかったことに」となりやすい。

それよりも、こちらからあらかじめマイナス情報を伝え、「このマイナスはこうやってカバーします」と、その対応策も伝えておきます。そうすれば、途中でマイナス情報が発覚しても、相手も免疫があるぶん、落ち着いて対応し、それがもとで破談になる心配はなくなるはずです。






人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.