Menu ▼



コンテンツ

会議で自分の発言を印象づけるベスト・タイミングとは


オリンピックの体操競技を見ていると、最初に演技する選手にいい点がつくことはまずありません。解説者も、「一番手の選手は、不利ですよねえ」などと言っています。

これは、最初の選手の演技が、その大会での基準となりやすいからです。


二番目以降の選手は、最初の選手の演技とくらべて、いい悪いが判断されます。

その間、最初の選手の印象はだんだん薄くなり、あとにくる選手のほうが強い印象として残ります。

実際には、同じような演技であっても、最初の選手よりも後半の選手のほうがうまいような気がして、高い点数になりやすいのです。

同じようなことは、会議にもいえ、最後に発言した人の意見は、その会議でもっとも支持を得やすくなります。

これは、アメリカの心理学者N・H・アンダーソンの行った実験でも証明されています。


ある事件を素材にした模擬裁判を行い、証言の順番によって陪審員の判断がどう変化するかを調べた実験です。

その実験では、弁護側から六つ、検事側から六つの証言を出し、不公平にならないよう、文章の長さはどの証言も同じになっています。

そうして証言の順番を、二通りのやり方でそれぞれ別の陪審員に聞かせたのです。

ひとつは、弁護側から二人の証人を出し、つぎに検事側から二人の証人を出す。

その後また弁護側から二人の証人をだしと、交互に二人ずつ証言していくのです。

もうひとつは、先にいっぽうの側から6人続けて証人を出し、その後、もういっぽうの側から6人続けて証人を出すというものです。

いずれの場合も陪審員は、最後に証言した側を指示するほう公に傾いたのです。

つまり、最後に示される意見ほど印象に残りやすく、周囲からの指示を受けやすいということです。

そう考えると、会議でも最初に出た意見は、最終的には、支持を得にくいことになります。

自分の意見を通したいときには、もっとも主張したいことは、最後までとっておき、そろそろ終了という間際になって、ここぞとばかりに発言すればいいのです。

すると、参加者たちは、その発言を支持し、賛同する可能性が高いということになります。





人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方



Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.