Menu ▼



コンテンツ

相手から本音を聞きだすには、訥弁でゆるゆるしゃべること

取材やヒアリングをする場合、理路整然と取材をすることが、取材者として能力があるとされています。

また、取材を受ける側が、質問項目を箇条書きにしてほしい、と希望する場合もあります。
いずれにせよ、聞きたいことを具体的に示してくれれば、こちらもきちんと答えます、ということでしょう。

ところが、聞きたいことの内容によっては、クリアに質問しにくいこともあります。
当たり前ですが、ビジネスでも、お互いが具体的な言葉でのみやりとりするわけではありません。

取材でも、聞きたいことはひとつだけですが、その答えを相手から引き出すために、関係がない話題を先に持ち出すこともあります。

まして、相手の本心を引き出そうと思ったら、箇条書きにしたような質問はまったくナンセンスで、取材する側にしてみれば、じっさいはほとんど役に立ちません。



相手の本心を聞きだそうとすると、質問や会話は、なるべく理路整然とはしないほうがいいのです。
できれば、「ですが」とか「とはいえ」とか「とも思うのですが」など、但し書きのフレーズを連発して、話を進めると良いでしょう。

内容についても、肯定の否定の肯定の、そのまた否定の肯定、といった具合に。
それも、立て板に水ではなく、訥弁でノロノロ喋ることです。


訥弁というのは、つっかかりながらモノをいうので、変な間が空くから、それがまた有効に働くのです。

こういう話し方をすると、多くの人は、じれてきて、「おたく、いったい、この件に賛成なのですか、それとも反対なのですか。はっきりさせてください」と、突っ込んで、結論を急ぐ場合もあるでしょう。

それにたいしては、「総論賛成ですが、各論反対でして、ここのところが」とか、同じ調子で話せばよいでしょう。
この調子に引っ張られるうえ、訥弁に対しては、相手は優越感を感じるものですから、つい本音をしゃべってしまうのです。







人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.