Menu ▼



コンテンツ

相手の本音を聞きだすには相づちの打ち方に極意が

誰でも、人から認められたいという承認欲求をもっています。

たんに日常的な会話でも、相手に興味をもって聞いてもらいたいと思うものです。そして、「ふんふん」と興味をもって聞いてもらえれば、もっといろいろ話そうという気になります。

逆に、相手の反応が乏しいと、人は無口になってしまいます。

そんな心理を証明する、アメリカで行なわれた実験があります。

被験者と会話し、被験者が会話のなかで「〜s」と複数形の単語を話したときは、うなずいたり、相づちを打ちます。いっぽう、単数形の単語を話したときは、何の反応もしないのです。

すると、会話を続けるうちに、被験者は複数形の単語を数多くまじえて話すようになったようです。



無意識のうちに、複数形の単語を使うと、相手から承認してもらえることに気づき、自然と複数形の単語を多く使うようになったと考えられます。

この心理を利用すれば、相手の本音を引きだすことも、そう難しいことではありません。

相手と会話をしているとき、本音と関係ありそうな話題になれば、意識的に「なるほど」「そうなんだ」と、相手を承認する相づちを打つのです。

すると、その話題だと、大きな反応が返ってくると気づいた相手は、本音にかかわる話をより多くするようになるはずです。。

そうしたやりとりをくり返せば、相手の本音にどんどん近づいていけます。

部下の悩みを知りたいとき、職場の人間関係を探りたいときなど、一杯飲みながらこの手法を使うと、本音を聞きだせるかもしれません。






相手を意のままに操るワルの知恵
「仲間はずれになる不安」を突く説得術
相手の不満や恨みを最小限に食い止める心理テクニック
相手の意見に同調しながら「イエス・バット話法」で切り返せ
「小さな情報」を与えて「大きな信頼」を勝ち取れ
「もう会えない」と思わせれば、相手は会いたくなる
吊り橋効果で相手の恋愛感情を高めて落とそう
組織への忠誠心を高め、組織力をアップさせる秘策とは
話を中断すれば、相手の好奇心に火がつく
やる気のない男にやる気を起こさせる魔法のひと言
偶然聞いてしまった話に、人は信じやすい
隠すほど見たくなる人間の想像力を掻き立てよう
「アンチ・クライマックス法」で相手の興味を引きつけよう
相手の本音を聞きだすには相づちの打ち方に極意が
うなずくだけで、相手の心は自然に開く
「うわさ」は人の評価まで変えてしまう力を持っている
辞めさせたい社員にはこんな仕打ちが効果あり
会話中、目線をそらし自分のペースに引き込め
主導権を握るには、自分の「テリトリー」に引き込め
不満分子を黙らせるには「会議」に引きずり込め
会議で自分の意見を通すための裏工作とは
飲み食いで相手の心を開かせよう
素直に謝るだけで、人からの評価は高まる


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.