Menu ▼



コンテンツ

話を中断すれば、相手の好奇心に火がつく

テレビのクイズ番組では、問題が出され、ゲストが解答し、「さあ、正解は!」というところで、コマーシャル入りすることが多いですね。

すると、それまでつまらないと思っていた番組でも、中断されると、突然その答えが気になったりするものです。正解知りたさに、ついその後も見続けることに。

これは、人間の欲求をうまく利用した番組構成といえます。人は、中断された情報には、強い興味を持つ傾向があるからです。

また、そういう情報は、より強く記憶に残りやすいという効果があり、その効果は、旧ソ連の臨床心理学者セイガルニイクが唱えたことから「セイガルニイク効果」とよばれています。


実際、コマーシャルで中断されたときの問題と解答は、ひと続きに問題と解答を聞いたときよりも、妙に頭に残るものです。コマーシャルのあいだに「答えは何だろう」と考えたり、心待ちにすることで記憶に残りやすくのです。

この中断されると知りたくなるという現象は、日常生活でもよくあります。

★ 友達と電話で話をしているとき、相手が「そういえば、○○さんの子どものこと知ってる?」と言ったとたん、キャッチホンが入った。そのとき、「あ、じゃあそろそろ切るね」と切ると、急に話の続きが知りたくなったりするものです。

普通ならひまつぶし程度の話題のはずでも、つぎに電話がかかってきたとき、その話題からふったりすることがあります。

逆にいうと、相手の関心を引きたいときは、一気に話さず、途中で話を中断し、小出しに情報を与えるのが効果的といえます。




★ 新聞チラシでも、ときおり「○月○日に、重大情報を発表します」と書かれた広告が入っていますね。


その当日のチラシを見ると、「本日、○○店オープン」と、単に新店舗オープンのお知らせだったりします。これも、最初から「○月○日に新店舗オープン」と宣伝するより、情報を中断することで、お客の興味を引こうとしているのです。

★ 上司にどうしても伝えたい情報があるとき、上司が出かける直前に「課長、○○の件でお話があるのですが、お出かけのようですから、あとで報告させてください」といっておきます。

すると、課長はその情報を受けるまで、「○○の件とは何だろう」と気にするでしょう。


場合によっては、「で、○○の件とは何かね」と向こうから聞いてくるかもしれません。そこでおもむろに「じつは・・・」と話せば、課長に与えるインパクトは、より大きくなるのです。





相手を意のままに操るワルの知恵
「仲間はずれになる不安」を突く説得術
相手の不満や恨みを最小限に食い止める心理テクニック
相手の意見に同調しながら「イエス・バット話法」で切り返せ
「小さな情報」を与えて「大きな信頼」を勝ち取れ
「もう会えない」と思わせれば、相手は会いたくなる
吊り橋効果で相手の恋愛感情を高めて落とそう
組織への忠誠心を高め、組織力をアップさせる秘策とは
話を中断すれば、相手の好奇心に火がつく
やる気のない男にやる気を起こさせる魔法のひと言
偶然聞いてしまった話に、人は信じやすい
隠すほど見たくなる人間の想像力を掻き立てよう
「アンチ・クライマックス法」で相手の興味を引きつけよう
相手の本音を聞きだすには相づちの打ち方に極意が
うなずくだけで、相手の心は自然に開く
「うわさ」は人の評価まで変えてしまう力を持っている
辞めさせたい社員にはこんな仕打ちが効果あり
会話中、目線をそらし自分のペースに引き込め
主導権を握るには、自分の「テリトリー」に引き込め
不満分子を黙らせるには「会議」に引きずり込め
会議で自分の意見を通すための裏工作とは
飲み食いで相手の心を開かせよう
素直に謝るだけで、人からの評価は高まる


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.