Menu ▼



コンテンツ

「仲間はずれになる不安」を突く説得術

町内会から、「交通遺児の募金をお願いします」という回覧板が回ってきた。見ると、町内会で自分以外の全員がすでに募金しています。
こんなとき、ふだんは募金に関心のない人でも、「右へならえ」で募金をしてしまうでしょう。

これは、人間心理に、自分と同じような立場の人と、違った行動をとりたくないという傾向があるためです。


近所の人全員が募金をしているのなら、自分もしなければならない気持ちになってしまいます。同じ行動を取ると、それで人は安心できるのです。

この心理を実証するものとして、アメリカのアッシュの実験があります。

被験者に1本の直線を見せ、そのご3本の直線を見せます。3本のうち、最初に見せた直線と同じ長さのものはどれかを選んでもらうのです。
この実験は9人を1グループとして、みんなの前で一人ずつ、順番に応えるかたちで行われました。

ただし、最初から8番目までの人はすべてサクラで、最後の一人だけが本当の被験者です。



このとき、サクラはわざと違う直線を選ぶ。@〜Bのうち、正解はAであっても、全員が@を選ぶのです。すると、最後に応える被験者も、本当はAであると思いつつも、「@」と答えてしまうケースが圧倒的に多かったということです。

たとえ真実とは違うと思っていても、自分だけははずれることが不安なため、周囲に同調して間違ったものを正解と答えてしまったのです。

この同調の心理を応用すれば、相手の行動を思い通りにすることもできます。

「みんなやっているのに、どうしてあなただけがやらないのですか」と迫ればいいのです。


たとえば、消化器のセールスで、「このあたり一帯の方は、みんなお持ちですよ。いざ火事になったとき、ご近所に迷惑をかけかねませんからねえ」などと言うのです。

あるいは、「おたくのお子さまの通っている学校のレベルだと、この程度の問題は解けるようにならないとキツいですよ」と言って、学習教材をすすめるのもいいでしょう。

すると、周囲と違う行動をとることを恐れて、セールストークに乗ってくる人は少なくないはずです。





相手を意のままに操るワルの知恵
「仲間はずれになる不安」を突く説得術
相手の不満や恨みを最小限に食い止める心理テクニック
相手の意見に同調しながら「イエス・バット話法」で切り返せ
「小さな情報」を与えて「大きな信頼」を勝ち取れ
「もう会えない」と思わせれば、相手は会いたくなる
吊り橋効果で相手の恋愛感情を高めて落とそう
組織への忠誠心を高め、組織力をアップさせる秘策とは
話を中断すれば、相手の好奇心に火がつく
やる気のない男にやる気を起こさせる魔法のひと言
偶然聞いてしまった話に、人は信じやすい
隠すほど見たくなる人間の想像力を掻き立てよう
「アンチ・クライマックス法」で相手の興味を引きつけよう
相手の本音を聞きだすには相づちの打ち方に極意が
うなずくだけで、相手の心は自然に開く
「うわさ」は人の評価まで変えてしまう力を持っている
辞めさせたい社員にはこんな仕打ちが効果あり
会話中、目線をそらし自分のペースに引き込め
主導権を握るには、自分の「テリトリー」に引き込め
不満分子を黙らせるには「会議」に引きずり込め
会議で自分の意見を通すための裏工作とは
飲み食いで相手の心を開かせよう
素直に謝るだけで、人からの評価は高まる


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.