Menu ▼



コンテンツ

行き違いが多くなったときは疑ってみよう

はじめてデートに応じてもらえ、胸をときめかせて待ち合わせの場所にいったものの、いつになっても彼女が現れない。

携帯電話に連絡をしたら、「ただいま電話が届かないところにいます」、翌日、ようやく連絡がついたと思ったら、「わたしあそこでずっと待っていたわよ」。

約束した場所を取り違えていたようですが、つぎにデートを約束したときも同じことが起きたら、いくらおめでたい男でも、ドタキャンされたと気づくでしょう。

ところが、これが仕事以外の友人や親しい関係の相手となると、この方法を使われても容易には気づかないものです。

でも、学生時代からの友達が意外にもそういうタイプの人だった、ということもありますよ。

今日連絡があるはずだったが、電話がない。おかしいと思っていたら、翌日電話がかかってきたので、「昨日、連絡をくれるっていってたんじゃなかったけ」と聞くと、「そんなこと言ってないよ。今日だよ」。

こんなことが三回も四回もあったら、相手がウソを言っていると思って間違いない。



長年の友達だからと信じこんでいることが、盲点になっているのですが、こういうタイプの人は、友達には隠している一面を持っていると疑ってかかるべきでしょう。
こんなささいなことでウソを言う人は、じつはウソつきの常習ということでもあります。

たとえば、仕事関係でいつも苦しまぎれにウソをついていると、ウソが習慣になっていて、ウソをついたという自覚がなくなっているので、仕事とは関係ない友達に対しても、つい、その時々の都合でウソをついているようです。

こういう人への対処法は、証拠を残しておくにかぎります。

約束事をしたら、確認のファクスを送っておく、あるいは携帯のメールも保存しておくと、相手も言い逃れができないので、あなたに対してその場しのぎのウソをつくことはないでしょうが、それよりもそういう人間には近づかないことです。






人の悪口を言わない人は人間性に乏しい
人の悪口を言わない人は人間性に乏しい
相手に同意を求めて責任転嫁する人は要注意
エネルギーのありすぎた行動は異常性の兆し
自分から根性が悪いと言う人は警戒しよう
飲み会の誘いに曖昧な返事は薄情な人間
「お世辞が言えない」と自分で言うのはゴマすり人間
「言い訳はしない」と言いながら言い訳する人間
人の評価をちょくちょく変える人は信用するな
行き違いが多くなったときは疑ってみよう
他人の意見を常に批判する女性とは議論しない
「嫌いな人と友達になりたい」と言う人は裏がある
「私が何を悪いことをしたと言うの」と泣きわめく女性は厄介
「誰でもやっている」と自分を正当化する人とは関わらない
やさしさを過度に訴える人は要注意
うさん臭い人とつき合う人は信用できない
「一芸に秀でた人」は非常識な人が多い


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト



おすすめサイト
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
結婚できない女性は、今すぐ、意識改革を!
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.