Menu ▼



コンテンツ

ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない

せっかくいい時計を買って、いいスーツを作っても、それをなかなか身につけようとしない人がいます。

理由は「もったいないから」。

これは大切な商談のときに着るスーツで、普段から着るのは「もたったいない」。そうやって、勝負服にしてしまうのです。

しかし、いいスーツだからこそ普段から着るべきなのです。普段から着ないことのほうが何倍も「もったいない行為」です。

まず、ブランド品はいつも身につけておいてこそ効力を発揮するのです。


そして、いざというときにだけそのスーツを着ても、なんとなく居心地が悪いのです。特にスーツや革靴は、ある程度着こなしてこそ、ようやく自分の体に馴染んでいきます。そして体に馴染んでいない高級スーツを着ていると、いかにもスーツに「着られている」感じになってしまうのです。

演劇でも、普段はスポーツウェアなどの動きやすい服装で練習していますが、本番の直前になると、実際の衣装を着てリハーサルを行います。

これをお芝居の世界では「ドレスリハーサル」と呼びます。

このドレスリハーサルをやっておかないと、いざ本番で衣装を着たときに落ち着かなくなります。


そしてセリフを忘れてしまったり、動きを忘れてしまったりと、さまざまなミスをしてしまうのです。



高級スーツや靴を買ったら、まずは「ドレスリハーサル」をしましょう。

特にビジネスマンだけでなく、就職活動中の学生たちにも知っておいてほしいことです。

リクルートスーツを着た学生たちは、遠目から見てもすぐにわかるくらい浮いています。これは彼らがしっかりと「トレスリハーサル」をしていないからです。

まず、リクルートスーツを借ったら、一週間でいいから家の中でもコンビニに行くのでもずっとスーツとネクタイで過ごすようにします。もちろん外に出るときは、革靴を履いていきます。

たったこれだけで、スーツが体に馴染み、あのリクルートスーツ特有の浮きまくった不自然さはなくなるはずです。

そして面接のときにも、「おっ、この学生は着慣れていて洗練された雰囲気があるな」と好印象を持ってもらえるです。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.