Menu ▼



コンテンツ

ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない


せっかくいい時計を買って、いいスーツを作っても、それをなかなか身につけようとしない人がいます。

理由は「もったいないから」。

これは大切な商談のときに着るスーツで、普段から着るのは「もたったいない」。そうやって、勝負服にしてしまうのです。

しかし、いいスーツだからこそ普段から着るべきなのです。普段から着ないことのほうが何倍も「もったいない行為」です。

まず、ブランド品はいつも身につけておいてこそ効力を発揮するのです。


そして、いざというときにだけそのスーツを着ても、なんとなく居心地が悪いのです。特にスーツや革靴は、ある程度着こなしてこそ、ようやく自分の体に馴染んでいきます。そして体に馴染んでいない高級スーツを着ていると、いかにもスーツに「着られている」感じになってしまうのです。

演劇でも、普段はスポーツウェアなどの動きやすい服装で練習していますが、本番の直前になると、実際の衣装を着てリハーサルを行います。

これをお芝居の世界では「ドレスリハーサル」と呼びます。

このドレスリハーサルをやっておかないと、いざ本番で衣装を着たときに落ち着かなくなります。


そしてセリフを忘れてしまったり、動きを忘れてしまったりと、さまざまなミスをしてしまうのです。


高級スーツや靴を買ったら、まずは「ドレスリハーサル」をしましょう。

特にビジネスマンだけでなく、就職活動中の学生たちにも知っておいてほしいことです。

リクルートスーツを着た学生たちは、遠目から見てもすぐにわかるくらい浮いています。これは彼らがしっかりと「トレスリハーサル」をしていないからです。

まず、リクルートスーツを借ったら、一週間でいいから家の中でもコンビニに行くのでもずっとスーツとネクタイで過ごすようにします。もちろん外に出るときは、革靴を履いていきます。

たったこれだけで、スーツが体に馴染み、あのリクルートスーツ特有の浮きまくった不自然さはなくなるはずです。

そして面接のときにも、「おっ、この学生は着慣れていて洗練された雰囲気があるな」と好印象を持ってもらえるです。




大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.