Menu ▼



コンテンツ

「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい

大物には、パッと見た瞬間「なにか違う」と思わせるオーラがあるものです。
近寄りがたい雰囲気があるし、何事にも動じない強さを感じさせます。そして思わず「あの人は大物だ」と思ってしまうわけです。

ただ、これは多くの人が誤解しているところですが、彼らは
「大物だから、オーラがある」のではないのです。
「オーラがあるから、大物」なのであり、もっと正確に言うなら、
「オーラがあるから、大物に見える」
というだけの話なのです。


つまり、この大物のオーラさえ自分のものにしてしまえば、あなただって人と会った瞬間に「なにか違う」と思わせることができます。相手を飲み込んでしまうことができます。あなたに足りないのは、大物オーラなのです。

とはいえ、オーラという言葉はきわめて曖昧です。オーラとはまさにその人が醸し出す「なにか」であり、そんなものどうやって身につければいいかよくわからないという人がほとんどでしょう。

そこで心理学的に見た大物オーラの正体とは、ズバリ「外見」なのです。

その人が大物っぽいオーラを発しているかどうかは、すべて外見で決まってしまいます。いくら立派な経営者でも、外見が悪ければ大物オーラなど出てきません。

ここでいう外見とは、いわゆる「イケメン」のことではありません。普通の顔立ちであっても、あるいは平均以下であっても、大物オーラを出すことはできます。

それでは、大物オーラの演出には何が大切なのでしょうか。



★ 男性の場合だと、まずは肩幅です。
武士の裃(かみしも)や軍服が、必要以上に肩を強調したデザインになっているのは、肩幅を広く見せて強さや威厳をアピールするためです。スーツに肩パッドが入っているのも、同じ理由です。

なで肩の人は、それだけで弱々しく見えます。だから本当は筋トレなどによって肩の筋肉を鍛えるのがいちばんですが、それが難しければ、ひとまず肩バッドの入った服を着るようにしましょう。セーターやトレーナー、Tシャツといったカジュアルな服装は、なるべく避けることです。

★ そして男性は、なるべくマッチョな体型のほうがいい。
このとき、特に大切なのは腹筋より胸板の厚さと腕周りの太さです。そしてガリガリにやせているよりも、多少恰幅がいいくらいのほうが大物としての存在感が出てきます。

★ 骨格的に胸板が薄いという人は、スリーピースのスーツを着て、少しでも体を厚く見せるといいでしょう。そして胸ポケットにハンカチや携帯電話をしのばせ、胸板をより厚く見せるのです。

★ 夏場のクールビズ(ノンネクタイ)は、心理的によくありません。

もしもノンネクタイで過ごすなら、だらしなくボタンを外すのではなく、堂々と襟元を拓くことです。これだと、あらゆる物事を受け入れる「器の大きさ」をアピールすることに繋がりますので、それなりに大物オーラは出るはずです。

★ そして夏場といえば、日焼けもかかせない要素です。
心理学のデータでも、青白い肌の人よりも、軽く日焼けした人のほうが力強く見えることがわかっています。

手っ取り早く大物オーラを手に入れたい人は、ひとまず「見た目」を帰ればいいでしょう。スーツを変え、腕時計を変え、放すときの声を変えるだけで、大物オーラは簡単に備わっていくでしょう。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.