Menu ▼



コンテンツ

大物は悪いことが続いても気にするな!


誰だって、大きな失敗が続くと自信を失ってしまうでしょう。たとえば、あなたが経営者だったとして、有望な幹部社員が立て続けに辞めていく時期があったとしましょう。

普通であれば、「オレのやり方が間違っていたのか?」「もうこの会社は終わりなのか?」と不安になり、自信を喪失していきます。しかし、大物はそんなことを考えません。

ひと言、「こんな時期もあるさ」で片付けるのです。

これは大物は無類の自信家で楽天家が多いからでもありますが、実はしっかりとした統計学的な理由があるのです。それは「ポワソン分布」というものです。


これは、簡単にいえば、「めったに起こらないことは、なぜか連続して起こる傾向にある」という統計学の用語です。


たとえば、めったに起こらないはずの航空機事故、あるいは地震。一度どこかで起こるとなぜか頻発する傾向があります。少し前にエレベーター事故が頻発した時期がありましたが、あれもポワソン分布だったのでしょう。

もっとも、ポワソン分布は悪いことばかりに当てはまるものではありません。「めったに起こらないことは、なぜか続けて起こる」というのがその定義です。

たとえば、ある会社が立て続けにメガヒット商品を生み出すことがあります。そして思い切って大規模な設備投資をし、大量の従業員を雇い入れた途端、商品がパタンと売れなくなってしまう、ということも大いにあり得ます。

プロ野球選手でも同じです。1試合で4連続三振をしたバッターは、「もしかしたら明日も打てないかもしれない」と不安を抱きます。そして精神状態が不安定なまま翌日の試合に臨み、やはり三振や凡打を重ねていきます。

ポワソン分布の存在を知っていれば「こんな日もあるさ」と片付けられたはずなのに、余計なことを考えすぎたためにスランプに陥っていくのです。

人生を80年という長いスパンで見ると、いいことも悪いことも同じくらいの数でやってくるはずです。しかし、ごく限られたスパンで見ると、悪いことばかりが続く時期はあります(もち、いいことばかり続く時期もある)。

それを経験的に知っていた昔の人たちは、ポワソン分布に「厄年」という名前を与えたのかもしれません。

とりあえず、びっくりするくらい悪いことが続いても、なにをやっても失敗する時期が続いても、「なるほどポワソン分布なのだな」と割り切ってしまうことです。

そう考えるだけで、人生はかなりラクになるはずです。




大物に見せる自己演出術
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.