Menu ▼



コンテンツ

文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック


会話がどうしても苦手だという人、対面するとどうしても緊張してしまうという人は、文書を徹底的な活用しましょう。

口先の言葉は軽いですが、文書の言葉は重いです。実際に重いかどうかはともかく、少なくとも相手にそうした印象を与えることができます。

だから口調で伝えるのが苦手なぶん、手紙を書き、メールを書いて自分の思うところを伝えるのです。対面しての会話なら、声がうわずったり手が震えたり、目が泳いだりといろいろ大変ですが、文書であればそんな心配をする必要もないでしょう。

文書にするというと、それなりの文章力が必要に思われるかもしれませんが、少なくとも手紙レベルでは文章力など必要ありません。

それに最近はインターネット上にさまざまな文面のフォーマットが出回っていますので、自分の気に入った文句を切り貼りすればいい。手を抜くところは大いに手を抜くべきです。

そして「文書として書かれたものは、それ自体パワーがある」と主張しているのが、アメリカの国際マーケティングコンサルタント、マイク・スターです。

彼は著書『The Power Of Negotiating』の中で、「文書法」という概念を持ち出し、文書にはそれ自体にパワーがある、そして文書のいいところは「反論がこない」ところだ、と述べています。


確かに、口語ではなにかを主張したら、その場で反論が返ってくる。会話が苦手な人にとっては、これほど嫌なことはありません。

しかし、文書であれば当面は反論が返ってこない。自分の意見を言い切ったまま、「勝ち逃げ」できるのが文書の強みです。


よくスキャンダルや不祥事が発覚した芸能人が、事務所を通じてファックスでコメントを発表することがあります。

最近では、ホームページ上でコメントを発表することも増えてきました。これなどは典型的な「文書法」で、記者会見を開けば厳しい質問を受けてしまうでしょうが、文書でコメントを発表してしまえば追及を受けずにすみます。

しかも、文書という目に見える形で謝罪や反省の意を表しているのですから、後ろめたいこともありません。後で追及されても「その件に関しましては文書でコメントさせていただいたとおりです」と答えておけば、それでいいのです。

困ったときには文書によって「勝ち逃げ」することです。特に最近はメールというツールがあるわけですから、これを最大限に活用しましょう。頼みごとを断るとき、相手に無茶なお願いをするとき、あるいは目上の相手に意見するときなどは、メールによって伝えるようにすればいいのです。




大物に見せる自己演出術
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.