Menu ▼



コンテンツ

大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック

簡単な大物のアピール法として、メインストリートにあるものを否定する。というテクニックを覚えておくといいでしょう。

たとえば、周囲がハリー・ポッターの話で盛り上がっていれば、「でも、ハリー・ポッターのテーマって、10年くらい古くないか?」と言ってみます。

世の中がグローバルスタンダードに流れている中で、あえて「いまこそ日本式経営の長所が再評価されるべきなんだよ」と主張します。

その世界で大家とされるような人を「でも、ドラッカーの経営理論って矛盾が多いと思わないか?」と否定してみます。

デジタルカメラ全盛の時代に、わざわざ銀塩の一眼レフカメラを使う。

あるいはいっそ、会社から与えられた以外の携帯電話、つまりプライベート用の携帯電話は持たない。もったとしても、メールは使わない。

こうやって、あえて時代の流れに逆行することによって、周囲から「あいつはなにかが違う。大物だ」と思わせるのです。
このテクニックの最大のメリットは、周囲の誰も攻撃せず、誰も傷つけずにすむ、という点にあります。


だから、仮に携帯電話を使わないとしても「携帯メールを使うヤツなんてバカだよ」などとは言わず、あっさりと「必要ないから」とでも言っておきましょう。



こうすれば周囲の誰も気分を害することなく、一目おいてくれるはずです。
実際の話、大物は流行に執着せず、ブームに踊らされるようなこともありません。


なにしろ「自分を中心に世界が回っている」のが大物なのです。ホイホイとブームに乗っているようでは、いつまでも小物なのです。


もうひとつ、意見の衝突を利用した、とっておきのテクニックを紹介しましょう。
それは「一度意見をふっかけて、反論されたら納得してみせる」というテクニックです。

たとえば、上司に「昨年の同月売り上げから考えて、来月の売り上げ目標はこうするべきではないですか?」などと適当に意見をします。

そして上司から「違う、これこれこういう理由で、来月の売り上げ目標はこう設定しているんだ」と反論が返ってきたら、心から納得した様子で「なるほど、そういうことだったんですか!」と同意します。

こうすれば、上司の満足感を高め、しかも「あいつはなかなか筋がいい」と認めてもらうことができるのです。
高度なテクニックではありますが、一度試してみるといいでしょう。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.