Menu ▼



コンテンツ

大物は「伝説になるような失敗」をつくっている

子どものころ、「神童」といわれたり、「末は博士か大臣か」などといわれた人もいることでしょう。

別にものすごいことをしたわけではなく、ちょっと面白い絵を描いたり、掛算や九九を覚えるのが早かったり、駅の名前や恐竜の名前などを暗記しただけで、周囲の大人たちは「神童だ」と騒ぎ立てます。

子どもの潜在能力や将来性を、とてつもなく過大評価してしまうのです。

これは、大人になってからも同じことが起こります。

たとえ平社員であっても、なんとなく「末恐ろしいヤツだな」とか「こいつは将来男お化けするぞ」と思わせることができれば、もう大物として扱われるのです。なぜなら、人は相手に対する「予感」に応じて態度を変えるからです。

ミシガン大学の心理学者、デビッド・バスによると、女性が男性を選ぶとき、もっとも大切にするのは男性の「将来性」であるといいます。また、経済力が有望化どうか、野心を持っているかどうかなども大切な判断材料になりますが、ここで大切なことは、現在の地位や経済力はさほど問題にしない、ということです。

バスの研究によれば、女性は自分にお金を貢いでくれる男性を、短期的には好む傾向にあるものの、長期的には好まないといいます。

もちろん、これは男女関係だけでなく、同性同士での評価についても同じことが言えるはずです。人は将来有望な人間に惹かれるのです。

そうは言っても、どうやって「将来性」をアピールするかなど、なかなか思いつかないものでしょう。

アドバイスがあるとすれば、「いい失敗」をしてレジェンドにすることです。
誰もが驚くような手柄を立てるなんて、そうそうできるものではありません。
ならば、成功したときの自分をアピールするのではなく、失敗したときの自分を最大限にアピールするのです。




たとえば、現役時代の長嶋茂雄さんは打席に立つとき、わざと大きめのヘルメットを被ることがあったそうです。特に相手がエース級のピッチャーだと、できるだけ大きなヘルメットを被るようにしていたそうです。

そして、三振するときには思いっきりフルスイングで三振する。すると、ただでさえブカブカのヘルメットは、フルスイングした勢いで宙に舞う。

こうなると相手ピッチャーも観客も「なんという豪快なスシングだ。もしねあれが当たっていたら確実にホームランだ」と思ってしまいます。そして「さすがは長嶋茂雄だ」と思ってしまいます。三振しながら、勝負に負けながら、自分の大物っぷりと末恐ろしさをアピールしたようです。

このように、失敗するときには「負けっぷり」を見せることも大切といえるでしょう。

商談が難航して、いよいよダメだとなったら、イチかパチかで相手の社長に直談判する。結果なんてどうでもいい。当たって砕けてしまえばいい。

ただ「あいつは○○社長に直談判したらしいぞ」「いや、社長室で土下座までしたって話もあるぞ」などと噂が流れ、「末恐ろしいヤツだ」と伝説が語られるようになれば、それで目的達成です。周囲の誰もが、あなたのことを大物として扱うようになるでしょう。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.