Menu ▼



コンテンツ

大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう

アメリカの弁護士事務所には。「電話のコールは10回鳴るまで取るな」という暗黙のルールがあるといいます。

コールが1〜2回のうちに電話に出てしまうと、顧客は「なんだ、この事務所は案外ヒマなんだな」と思ってしまいます。しかし、10回を過ぎたころに電話に出れば、「きっと忙しいんだ。よほど評判がいい事務所なんだろうなあ」と思わせることができるということです。

そして「忙しくて引く手あまたの弁護士事務所」として、交渉を有利に運ぶことができます。顧客との心理戦は、依頼を受ける前、依頼の電話が鳴った瞬間からはじまっているのです。

もし、あなたが「お客様は神様です」や「上司の命令は絶対」といったふ言説を信じ、どんなに条件の悪い仕事も引き受けているようなら、いつまでたっても大物になることはできません。

大物は忙しいし、条件の悪い仕事など引き受けないのです。

瑣末な仕事は堂々と断るのが大物なのです。


仕事を断ったら、クライアントが去っていく?

そんな心配はありません。なぜなら、
断られた人には「手に入れるのが難しいほど、そこに希少価値を感じ、もっと手に入れたくなる」という心理が働くからです。心理学の世界では、これを「ハード・トウ・ゲット・テクニック」といいます。

たとえば、人気のラーメン店が「1日限定10杯」の特別メニューをつくるのも、完全なハード・トウ・ゲット・テクニックです。

それでは、具体的にどうすればハード・トウ・ゲット・テクニックをビジネスの現場に応用することができるのでしょう。



まず、「来週の予定はすべて断る」ことから始めましょう。


クライアントから電話がかかってきて「来週、どこかでお会いできませんか?」と聞かれる。このとき、仮に来週のスケジュールがガラ空きでも「ちょっとお待ちください、スケジュールを確認しますので」と間をおく。そして手帳を確認するフリをしながら「来週は予定で埋まっていますので、再来週にしていただけますか?」と答える。

こうすれば、相手に対して「忙しい自分=予約でいっぱいの自分=それだけ引く手あまた自分」をアピールすることができるわけです。
ここで大切なことは「こちらの条件が飲めないようなら去れ」という強気の姿勢を堅持することです。

実際、人気のラーメン店の中にはそれでも接客業かと思うほど頑固な方針が貫かれ、ルールに従わないお客は断る、というお店も少なくありません。また、高級な料亭・レストランになるほど「一見さんお断り」や「ドレスコードあり」などの条件を設定してくるものです。

低姿勢で「はい、喜んで!」と仕事を請けているうちは、どうしても安っぽく見られてしまうのです。そして小さな仕事を断る代わりに、引き受けた仕事には120パーセントの力を注ぎます。仕事は「量」ではなく「質」で勝負するのです。

質の高い仕事ができるようになれば、当然クライアントも喜びます。つまり、断ることは双方にメリットのある行為なのです。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう
【大物は毎日が舞台の演出者だ】
大物は「予約がいっぱいあって忙しい」をアピールしよう
キャバ嬢のケータイ番号は教えてもらえないから価値がある
大物になりたいなら、とにかくホメてもらおう
大物は自分の欠点も含めすべて自己受容ができる
大物は豪快であり、小物は細かいことにこだわる
大物は忙しくても、余裕のある涼しい顔をするものだ
大物は「伝説になるような失敗」をつくっている
大物は外部のネットワークと広い人脈を持っている
大物はどんなときでも全力疾走せず、余力を残しておくものだ
大物はあえて時代の流れに逆行するのもテクニック
文書で利用して「勝ち逃げ」するのも大物のテクニック
大物は徹夜をしてまで働くようなことはしない
大物は悪いことが続いても気にするな!
【大物の仲間に入れば大物と見られる】
大物に思われたいのなら大物人脈を築こう
話さなくてもいいから大物に寄り添おう
大物を味方につけるには、何度も顔を出そう
大物の言葉を引用するだけで権威が生まれる
大物なら相手を「赤ちゃん」ぐらいに思え!
謙遜はしても、大物は大物らしく振る舞え!
大物になりたいのなら堂々とハッタリをかませ!
大物は不祥事が生じたとき正々堂々と謝ることができる!
大物に意見ができて評価が固まる!


人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト

[an error occurred while processing this directive]
Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.