Menu ▼



コンテンツ

名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう


いま周囲からダメ社員の烙印を押されている人たちは、みな組織内でのスタートダッシュで失敗しています。

そしてスタートダッシュが大切なのは、なにも組織内での出世にかぎった話ではなく、一対一の人間関係でも同じです。

自分の経験に照らし合わせてみるとわかるでしょうが、大物は第一印象からすでに大物っぽい雰囲気を漂わせ、相手を飲み込んでしまいます。

出会いがしらの第一印象で強烈なインパクトを与えてこそ、大物であり、大物は一対一の人間関係においても、トーナメント戦を制しているのです。


その意味でいうと、初対面の人と会うときは、最初の1分が大切です。

最初の1分でどれだけ自分の大物感をアピールするか。そして、いかにして相手を飲み込んでしまうか。これはトーナメントの一回戦なのです。ここでうまく勝ち抜けば、次の二回戦や三回戦もラクに勝ち進むことができます。

そしてビジネスマンにとって「最初の1分間」における最大のイベントといえば、名刺交換でしょう。


あくまでもスマートに、そして堂々と名刺を差し出す。

さらに、いつもよりも少し
大きめの声で「○○社の××と申します。よろしくお願いいたします」と滑舌よく挨拶します。できれば、相手の目をじっと見据えたままやるのがベストです。

名刺ケースも、近所の文具店で売っているような安物ではなく、黒やダークブラウン系で重厚感のある本革製のものがいいでしょう。

小さいことのようですが、名刺交換の場でどれだけ機先を制するかが、その後の「この人は大物だ」「この人には勝てない」という印象を決定づけるのです。

若いビジネスマンは、とりあえず嫌われまいとして名刺交換のとき必要以上にへりくだってしまうことが多くなります。

確かに、ペコペコしていれば嫌われることはないかもしれませんが、それでは一目置かれることもないし、いつまでたっても大物にはなれないのです。

名刺交換というファーストコンタクトを制することができれば、その後の商談や打ち合わせも常にあなたが優位的な立場で進めていくことができます。




大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.