Menu ▼



コンテンツ

大物の名刺はとにかく存在感で勝負!


ミスタープロ野球こと長嶋茂雄さんは、現役時代から「記録より記憶に残る男」と呼ばれていましたが、確かに大物とは人の記憶に残るものです。

そもそも、人間の脳は忘れるようにできています。

見たもの聞いたものをすべて記憶していたら、脳はあっというまに容量オーバーになってしまいます。そのため、自分にとって必要ない、どうでもいいと判断された情報は、どんどん忘れていくようにできているものです。

みなさんも、取引先の人と打ち合わせしたとき、課長や部長の顔は覚えていても、その下についている平社員の顔などすぐに忘れてしまうはずです。そして後日、名刺の整理をするときに「あれっ? この人誰だっけ?」と思うことになります。

もちろんそうやって相手の記憶からかき消されるようでは、大物にはなれません。大物は、たとえ一回会っただけでも強烈な印象を残し、いつまでも記憶されるものなのです。

心理学では、こうして相手の記憶に残ることを「フックをかける」という言い回しによって説明します。相手の記憶にフック(鉤)をかけ、いつまでも残るようにする、という考え方です。

そこでビジネスマンにとって、もっとも簡単な「フック」となるのが名刺です。

人と違った名刺、個性的な名刺、相手の記憶に残るような名刺をつくり、それで他人との差別化を図る。「この人は違うぞ」と思わせるのです。


たとえば、小説家や写真家、画家などの「大先生」たちは、みな個性的な名刺を持っているものです。

まず、名刺に肩書きが書かれていない。

自分の名前だけが大きなフォントで中央にドン、と配置されています。住所や電話番号などの連絡先は、基本的に裏面に記載されていますので、なおさら名前のインパクトが強くなります。これは「肩書きなんていらないだろう。名前を見ればオレが何者かわかるだろう」という自信の表れであり、一般人との差別化です。


そして名刺そのものも和紙でつくられていたり、金箔・銀箔がちりばめられていたり、名前が毛筆だったりと、一工夫されています。このような名刺を受け取ると、なかなかインパクトが強いものです。

これは経営者も同じです。さすがに「肩書きなし」とはいきませんが、一般社員とは違ったデザイン、用紙、インクの名刺を持っている経営者は多い。自分だけ特別な名刺を作ることで、「社員とは違う」ということを印象づけているのです。

そこで、今後は、会社の名刺とは別に、自分オリジナルの名刺を作ってみたらどうでしょう。

プロに頼んでなるべく高級なデザイン、高級な素材の名刺を作る。名刺とは自分の顔ですから、それくらいのコストをかけるのは当然のことです。そしてビジネス上の連絡先といっしょに、自分のホームページブログのURLを記載しておくのもいいでしょう。これも立派な「フック」です。

ビジネスマンの記憶は不思議なもので、名刺を覚えていたら、それを受け取った場面も覚えているし、もちろん相手のことも覚えています。名刺を忘れてしまったら、その人自体の存在も忘れてしまいます。

名刺は大物としての自分を誇示する最高のアイテムなのです。





大物に見せる自己演出術
【ちょっとした演技だけで大物に見せることができる】
大物に見せる技術だけで、大物らしい扱い方を受けるのだ
大物になる出世術は最初のスタートダッシュでほぼ決まる
「大物オーラ」はちょっと外見を変えるだけでいい
見た目がデカいだけで大物っぽく見えてしまう
背が低くても大物だと思わせる技術
相手に大物ぶりを見せるには、ヒゲが最良のアイテム
大物を目指すには借金してでもロレックスを
大物の着るスーツはブランドや仕立てにこだわる
ブランド品を勝負服にするようなら大物にはなれない
大物の名刺はとにかく存在感で勝負!
名刺交換は、「トーナメントの一回戦」と心得よう
スーツの色でも大物感を演出できる
「低い声」で話せば大物に思われる
大物に見せるためのアピールポイントは3つに絞り込もう

人の心や恋愛心理を見抜く外部関連サイト


おすすめサイト
「結婚できる女性」と「できない女性」の違い
九星気学による性格・運勢・相性占い
血液型占い(相性・性格・恋愛・仕事・お金・健康)
男の言葉、行動、考え方について違いを教えて?
モテる男と女の恋愛学
【12星座+血液型】による性格・恋愛占い
男心がわかる恋愛心理講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
男と女の恋愛メールテクニック
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
クセ・表情・好み・言動でわかる性格と心理
四柱推命学の無料講座
陰陽を知らずして男と女を語るなかれ
生まれ日で分かる性格診断
人相はあなたの心を映す鏡
怖いほど当たる四柱推命(実例診断多数掲載)
一生お金に困らない貯め方・使い方


Copyright(c)2015 言葉の裏に隠された本音や心理をズバッと見抜くブラック心理学 all rights reserved.
.